page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・安宿の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

学生旅行から長期滞在者まで、妥協しないホテル選びなら船長青年酒店で決まり


掲載日:2012/04/03 テーマ:安宿 行き先: 中国 / 上海

タグ: ひとり旅 安宿 節約


限られた予算で最大限遊びたい!!

宿泊費は押さえたいけど、清潔感もあった方がいいし…と色々悩んでいる方、必見! 宿泊費は押さえたいけど、清潔感もあった方がいいし…と色々悩んでいる方、必見!

旅行先には長く滞在したいけれど、予算は限られているという方は少なくないと思います。私もそんな旅行者の一人なのですが、なるべく長くいようと思うと、真っ先に問題になるのが宿泊先選びです。安くて、安心できて、清潔感もあって、立地もよくて…と条件をあげると、ホテル探しもなかなか難しくなります。今回は、学生旅行へという方や、低予算でおもいきり楽しみたい方、国際交流もしたい!という人たちまで大満足の、一押しホテルの魅力をたっぷりお伝えします。

この立地でこの価格、信じられますか?

ホテルの名前からもおわかりの通り、ホテル内は船をイメージした内装で統一されている。ロビーの方も大変親切で、上海の事を気軽に教えてくれる。 ホテルの名前からもおわかりの通り、ホテル内は船をイメージした内装で統一されている。ロビーの方も大変親切で、上海の事を気軽に教えてくれる。

「安いホテルが、不便な場所にあるのは仕方がない」それは違います。船長青年酒店(Captain Hostel Shanghai)は、なんとあの外灘から徒歩約1分!豫園や歩行者天国南京東路へのアクセスも大変便利な場所にあるんです。部屋のタイプはドミトリー・シングル・ツインなどがあり、ドミトリー(原則男女別・7人部屋)は90元(約1300円)と考えられない安さです。またその他の部屋も、周辺ホテルに比べるとかなり安く利用することができますから、宿泊費を安く抑えたい方や、長期滞在者にも最適です。

沢山の国の旅行者が交流する場

1階ロビーには、沢山のアーティストによるポストカードも売られている。また上海の情報誌やフリーペーパーなども取りそろえてあり、はじめての上海でも安心。 1階ロビーには、沢山のアーティストによるポストカードも売られている。また上海の情報誌やフリーペーパーなども取りそろえてあり、はじめての上海でも安心。

安さと立地の魅力で、世界中のバックパッカーや長期滞在者が宿泊し、若者を中心に連日賑わっています。ホテル内の設備もとても充実しており、インターネットコーナーや上海情報コーナー、レストランや皆で語らえるスペースなどが設けてあります。ロビーは船内をイメージした内装で、沢山の仲間と航海へ旅立っているような気持ちになれます。そこには宿泊者が集まり、夜遅くまで旅の話などを交換しています。旅行先で国際交流もしたい方にはおすすめの空間です。

この立地だから一望できる最高の景色

外灘からほんの少し奥に入ったホテルだが、しっかり東方明珠や上海環球金融中心も見える。 外灘からほんの少し奥に入ったホテルだが、しっかり東方明珠や上海環球金融中心も見える。

とにかく立地が素晴らしい船長青年酒店ですが、この場所にあるホテルだからこそ!という最高のポイントがあります。それはホテルから見ることができる外灘の夜景です。沢山あるホテルの中で、ここまで安く料金が抑えられ、しかも浦東の高層ビル群と外灘の夜景、さらに上海のシンボル東方明珠(上海タワー)を一望できるところは、なかなか見つからないと思います。そんないいことばかりのホテルなんて、本当にあるの!?と思われた方は、是非一度足を運んでみてください。きっとお気に入りの宿になりますよ。

【関連情報】

■船長青年酒店(Captain Hostel Shanghai)
住所:上海市福州路37号
電話:021-6323-5053
アクセス:地下鉄2号線・10号線南京東路駅より徒歩約10分
※河南中路よりも中山東一路(外灘)の方から近い福州路に面しています。
URL:http://www.captainhostel.com.cn/ (中/英)
※ 日本語不可
※ クレジットカード可
※ ドミトリー希望者は早めの予約をおすすめします。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/04/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索