page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・海外旅行の準備の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

中国への旅行準備


掲載日:2013/10/26 テーマ:海外旅行の準備 行き先: 中国 / 上海

タグ: ためになる


中国の治安・トラブル・マナー・宗教・喫煙事情

中国旅行への準備情報 中国旅行への準備情報

■治安
中国の大都市の治安は比較的よくなりつつあるものの、まだトラブルに巻き込まれるケースが多くある。特に市場や繁華街など人が多い場所、レジ待ちなど他の事に注意が向いている時など、持ち物を狙われるケースがある。日本人はお金を持っているというイメージからターゲットになりやすい傾向がある為、大きな声で日本語を話さない、体の前で荷物を持つなど十分な注意が必要。

■トラブルに巻き込まれた時
海外保険に加入している場合、保険会社に提出する証明書が必要で、これを発行してくれるのが公安局だ。ただ、実際には調書すら書いてもらえない場合があり、また盗まれた物が戻ってくることもほぼないため、とにかくトラブルを未然に防ぐことが需要。大きなトラブルに巻き込まれた際は迅速に公安局110番に通報する。

■マナーや宗教
・喫煙や飲酒
50以上の少数民族と漢族からなる中国は、宗教も多様である。レストラン経営者の宗教上の理由から、酒類を提供しない場合もある。ないからといって持ち込んだりしないよう注意が必要。

両替とクレジットカード、T/Cの利用について

中国旅行への準備情報 中国旅行への準備情報

■通貨の種類
通貨単位は元(RMB)。小さい単位で角と分もある。通貨の種類は100元、50元、20元、10元、5元、2元、1元、5角、2角、1角、5分、2分、1分。1元=10角、10角=100分。角・分は市場などで使用する場合があるが、それ以外でほとんど使用することはない。現在の毛沢東がデザインされている紙幣の前に、少数民族がデザインされている紙幣があった為、現在もその両方が使用されている。

■両替はどこでする?
両替は個人旅行者の場合、空港や街にある銀行でするか、事前に日本で用意しておく方がいい。ツアー参加者は現地ガイドがある程度準備している場合があるので、訪ねてみよう。町の中で両替すると声をかけてくる人がいるが、中には偽札を渡される場合もあるので、避けた方がいいだろう。

■現金・T/C・クレジットカード
クレジットカードは使えるところと使えないところがあるので、ある程度現金の準備が必要。また小さな店やタクシーで100元、50元札を出すと、お釣りが偽札というケースがよくあるので、大きな額の紙幣はホテルやデパートなど信頼できそうな場所で使い、常に小銭がある状態にしておくとよい。

現地での交通手段

中国旅行への準備情報 中国旅行への準備情報

■タクシー
支払い方法は現金または交通カード。100元など大きい額の紙幣を出すと、お釣りがないと言われる事も多い。メーター式で料金は分かりやすいが、中にはメーターを使わず、降りる際驚くような料金を請求される場合があるので、乗った時メーターを倒しているか確認が必要。また万が一の為に乗車レシートを保管しておくことも大切。乗り降りの際は自分でドアを開ける。

■鉄道
鉄道は各都市へ向かい出ている。硬座(料金は安いが座り心地が悪いため、長距離には向かない。)、軟座(硬座よりも柔らかい椅子の作り。中距離くらいまで。)、寝台車(長距離移動時)など値段の違う座席があるので、旅に応じた座席を選ぼう。2006年には新幹線も開通しており、大幅な時間短縮が実現した。地下鉄は都市によりチケットを買う場合や専用のコインで支払う場合などある。値段は比較的安い。

■ほか、現地での乗り物
バスは安く、路線も多いのでとても便利だが、慣れない方は通勤時間帯の利用は避けた方がいい。また降りることをアピールしないと降りられないケースもあるので要注意。また中国にはバイクタクシーがあるが、安全とは言えないので利用は避けよう。

変圧器(電圧・プラグ)について

中国旅行への準備情報 中国旅行への準備情報

■電圧
電圧は220V,周波数は50Hz。パソコンなどを使う場合、そのまま使えることもあるが、電圧が不安定なのでできれば変圧器を準備したい。

■プラグ
プラグの形が様々で、地方都市などは見慣れないタイプを使用している事も多い。都市部や日本人が多く利用する場所では、日本と同じタイプを使用している場合もあるが、できればマルチタイプのアダプターを用意した方がいいだろう。

中国の祝祭日

中国の祝祭日には、個人商店は勿論、大型ショッピングセンターやレストランもほとんどが休業するので、その時期の旅行は避けたい。また旧暦の祝祭日はその年により変わるので、事前のチェックが必要。

1月1日 元旦
4月5日頃 清明節
5月1日 五一国際労働節
10月1日 国慶節
旧暦1月1日 春節
旧暦5月5日 端午節
旧暦8月15日 中秋節

【一部国民祝日】
3月8日 婦女節
5月4日 青年節
6月1日 国際児童節
7月1日 香港特別行政区記念日
8月1日 健軍節
9月10日 教師節
 

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2013/10/26)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索