page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・スピリチュアルの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

道士たちの祈りが響きわたる神秘的な寺院は必見


掲載日:2014/05/28 テーマ:スピリチュアル 行き先: 中国 / 上海

タグ: 一度は行きたい 寺院 歴史


中国の宗教というと仏教の印象が強いですが…

現在の中国では多様化している宗教だが、昔からあるものは今の中国文化に根付いている。 現在の中国では多様化している宗教だが、昔からあるものは今の中国文化に根付いている。

仏教は日本人にとってとても馴染み深いもので、日常生活の中にもその文化は溶け込んでいます。それと同じことが中国でも言えます。仏教が日本に伝わった経緯を思えば、当然と言えば当然ですが、お寺も多くまた様々な形でその精神は中国文化の中に根付いています。外から見ると、とかく仏教の印象が強くなってしまう中国ですが、実は三大宗教というものがあり、仏教の他にも昔から人々に信仰されているものがあります。それが儒教・道教です。

誰もが知っているあれも実は身近な道教かも

豫園から徒歩圏内にこんな素晴らしい寺院が。 豫園から徒歩圏内にこんな素晴らしい寺院が。

わたしたちは仏教には馴染みがありますが、儒教道教と言われると、よく分からないのが本音だと思います。ですが以外と身近な事が、関係していたりするんです。例えば太極拳はどうでしょうか。中国のみならず世界で親しまれている太極拳、実は道教の聖地武当山で、道士が練習していた拳法だとも言われています。上海でも太極拳はよく見かけますし、きっと道教は民間にいきわたっているのだろうと思い色々調べてみました。すると、豫園の近くにとても大きな道教寺院があるということが分かりました。今回はこの寺院を紹介したいと思います。

上海のど真ん中とは思えない神秘的な空間

ゆらゆらと揺れる炎は、本当に神秘的。日本の物と違いロウソクは赤い。線香やロウソクは寺院内で購入可能。 ゆらゆらと揺れる炎は、本当に神秘的。日本の物と違いロウソクは赤い。線香やロウソクは寺院内で購入可能。

新天地と豫園のちょうど中間くらいにある白雲観は、上海で最も有名な道教寺院です。中国通の方は名前を聞いて、ぴんとくるかもしれませんが、実は同じ名前の寺院が北京にもあり、そちらは本山になります。北京の建物に比べると、それほど大きくないのですが、清代から続く伝統と重厚な風格は負けず劣らず素晴らしいものです。階段を数段登ると、赤く大きな門があります。そこを抜けると近代的な上海の景色を忘れてしまうほど、美しい空間があります。ゆっくり立ちのぼる線香の煙と、ゆらゆら揺れるロウソクの炎が神秘的で、心の中の嫌な事がすっと抜けていくようです。

道士たちが行う儀式は必見

観光客も多くなく、静かで落ち着いた雰囲気。中央にある祭壇で、鐘や太鼓を鳴らしながらはじまる儀式は必見。 観光客も多くなく、静かで落ち着いた雰囲気。中央にある祭壇で、鐘や太鼓を鳴らしながらはじまる儀式は必見。

寺院の中に入ると、特徴的な宗教着を身にまとった方々がいらっしゃいます。黄色や赤や青など明るい色調の服で、細かな刺繍が施されています。儀式も独特なもので、剣を使用したり、お酒を吹きかけたりしています。どの時間に何が行われるのかまでは分からなかったのですが、今回たまたま行った時間に、儀式が行われていました。小さい木魚のようなものを同じリズムで打ち鳴らしならが、道士が祭壇に向かい祈りを捧げます。私ははじめて見る光景だったのですが、中国の道教文化に触れる最高の場所だと思いました。豫園から新天地に向かう散歩コースとしてもオススメですので、是非足を運んでみて下さい。

【関連情報】

現在も道教寺院として儀式がとり行われ、祈りを捧げる方々がいらっしゃいます。見学の際はマナーを守りましょう。 現在も道教寺院として儀式がとり行われ、祈りを捧げる方々がいらっしゃいます。見学の際はマナーを守りましょう。

■白雲観
住所:上海市大鏡路239号
電話:021-6385-5366
時間:8:00〜4:30
※但し毎月1日、15日は5:00〜4:30                                                                                                                       
定休日:年中無休
拝観料:5元(約80円)
アクセス:地下鉄8号線西蔵南路駅下車。1号出口から徒歩約10分
※日本語不可
          

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/05/28)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索