page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

1日5000杯以上売れる絶品麺は、1878年創業の老舗レストランにある!


掲載日:2014/10/12 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: 一度は行きたい 素晴らしい 麺類


驚くほど種類が豊富な中国の麺

老舗なのに庶民価格!しかも絶品! 老舗なのに庶民価格!しかも絶品!

「一根麺」「刀削麺」「手延べ」「翡翠麺」「押し出し麺」「刀切麺」「猫耳麺」などなどあげればきりがないほど多種多様な麺の種類。これらの発祥の地と言われているのが、中国です。ある遺跡からは、紀元前220年頃だと思われる麺が発見されるなど、その歴史は長く、中国の食文化になくてはならないものだと言えます。中国全土には様々な麺がありますが、今回は上海で今なお庶民価格で提供してくれる老舗レストランをご紹介します。

政府認定優秀賞受賞の実績

お店の玄関上には大きく「百年老店創建与一八七九年光緒年間」と書かれた看板が。老舗の自信が伺えます。 お店の玄関上には大きく「百年老店創建与一八七九年光緒年間」と書かれた看板が。老舗の自信が伺えます。

今回ご紹介する徳興館の創業は1878年。百年以上の歴史を誇る、上海の老舗レストランです。麺の種類が豊富な中国なら、上海独特の麺があるに違いないと思ってしまいますが、中国全土から様々な民族が集まってくる上海では、色々な麺を食べることができるんです。中国各地のおいしい麺を知り尽くした上海人が認めるお店というだけあり、一日に売りあげる数なんと5000杯以上!徳興館は上海麺類ナンバーワンを誇る店として、政府認定優秀賞も受賞しています。

早朝から満席覚悟でも食べる価値あり

清潔感のある店内には、高く積み上げられたラーメンの器が。厨房では小籠包を蒸す白い湯気が立ち込めています。 清潔感のある店内には、高く積み上げられたラーメンの器が。厨房では小籠包を蒸す白い湯気が立ち込めています。

朝6時から開いているお店なので、今回は早起きして朝ご飯をこちらで頂きました。開店と同時くらいに行ったので、人はいないだろうと思いきや、店内はもう満席でした。上海料理も注文できるのですが、やはり朝は麺類を中心とした軽食が人気です。このレストランは、入店後自分で店員に食べたい物を言い、食券を買って、調理をしている人に渡すシステムです。中国語がわからなくても、メニューと値段が書いてある札が、レジの後ろにかかっているので、指差し注文で全く問題ありません。

ラーメンは汁あり派?汁なし派?

汁なし麺は一見とてもシンプルだが、ネギ油の香ばしさ食欲をそそる、定番メニュー。シンプルな中にも奥深さを感じる一品。 汁なし麺は一見とてもシンプルだが、ネギ油の香ばしさ食欲をそそる、定番メニュー。シンプルな中にも奥深さを感じる一品。

私が頼んだ麺は2種類。魚香肉絲雪菜大面(16元:日本円約300円)と葱油拌面(13元:日本円約208円)です。魚香肉絲雪菜大面はピリ辛で高菜のアクセントがたまらない一品で、スープの中に麺が入ったタイプのラーメンです。葱油拌面ですが、「拌面」という字がついているものは、「汁なし」です。こちらは読んで字のごとく、ネギが入った汁なし麺です。ネギの他に大きなお肉がのっていましたが、ほんのり塩味で、朝一でも全部おいしく頂けました。麺の他にも朝ご飯の定番肉まんや小籠包も売っています。テイクアウトしたい人は、お店に入らなくても、外のお持ち帰りコーナーで買う事が出来ますので、是非色々な物を食べてみて下さい。

【関連情報】

テイクアウトの方は、外で直接注文する。朝は混みあうが、できたてアツアツを食べることができる。 テイクアウトの方は、外で直接注文する。朝は混みあうが、できたてアツアツを食べることができる。

■徳興館本館
住所:上海市黄浦区広東路471号
電話:021-6352-2528
時間:6:00〜21:30
定休日:無休
アクセス:南京東路より徒歩約10分。バスご利用の場合福建中路駅が最寄りです。
※日本語不可                                                               

          

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/10/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索