page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

有名なあの人が使っていた客車で食事ができる!徐家匯のど真ん中にある上海料理レストランへ行こう


掲載日:2014/12/30 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい グルメ レストラン


徐家匯といえば電気街のイメージが強いですが、穴場もあります

上海の秋葉原とも言われるくらい、電気街として有名な徐家匯。あまり観光には向かないイメージがあるが、実は「穴場」が沢山ある。 上海の秋葉原とも言われるくらい、電気街として有名な徐家匯。あまり観光には向かないイメージがあるが、実は「穴場」が沢山ある。

私が通っていた上海交通大学は、徐家匯という場所にあります。徐家匯は電化製品を扱うお店が多いところで、上海の秋葉原とも言われています。地下鉄徐家匯駅を降り、地上へとあがると、目の前に広がるのは近代的な高層ビルばかりで、ここがあのパンダがいる中国??と目を見張るほどです。これぞ中国とイメージする建物も少ないですし、ガイドブックでもなかなかこのエリアは紹介されません。ですから、この地域で観光客らしき方々をお見かけすることも、あまりありません。ただ、やはり「穴場」はあります。今日はパソコン関連ビルの真後ろにある、上海料理のレストランをご紹介したいと思います。

1921年に建てられた修道院をアンティークあふれるレストランに大変身

高層ビルに囲まれあまり目立たないようだが、元修道院というだけあり、その存在感は堂々たるもの。 高層ビルに囲まれあまり目立たないようだが、元修道院というだけあり、その存在感は堂々たるもの。

上海老駅という名のこのレストラン、日本語にすると「上海の古い駅」になります。場所はきらびやかな電気街の真後ろで、通りをはさんだ目の前には徐家匯天主教会もあります。通り沿いではなく、少し奥まった場所にあるので、気がつかない方も多いようですが、近代的な街の中にある白く大きなレストランは、一度見ると入ってみたくなります。今はレストランとして利用されているこの建物、実は1921年に建てられた修道院をリノベーションしたもので、とても歴史ある建築物なんです。ところで、なんでこのレストランの名前が「老駅」なの?と疑問に思う人も多いようですが、その謎はのちのちご紹介したいと思います。

西太后や宋慶齢が愛用した客車で食事ができる

客車での食事は、特別な時間を過ごすのには最高の空間。事前に予約が必要なので注意しよう。 客車での食事は、特別な時間を過ごすのには最高の空間。事前に予約が必要なので注意しよう。

中に入ると、どこか懐かしさを感じるアンティークで統一されています。歴史的建築物にふさわしいレストランの内装は、1920年代当時にタイムスリップしたかのようです。さて、先程言っていた「どうしてこのレストランは老駅という名前なのか」ということについてです。それは、このレストランの中庭に秘密があります。そこにあるのは、なんと古い列車の客車です。しかもただ古いだけの客車ではなく、あの西太后が使ったとされているドイツ製客車と、孫文の奥様宋慶齢が使用したとされるのロシア製の客車が並んでいるんです。しかも予約をすれば、この客車の中で食事ができるんです。

野菜は中庭で自家栽培だから、とっても安心

席からは中庭の自家栽培野菜と、客車を見る事ができる。客車での食事が予約ができなくても、大きな窓から見ながら食事もいいもの。 席からは中庭の自家栽培野菜と、客車を見る事ができる。客車での食事が予約ができなくても、大きな窓から見ながら食事もいいもの。

このレストランのもう一つの驚きは、なんと客車がある中庭でレストランで使う野菜の一部を自家栽培しているということです。農薬などに敏感になってきた上海の人たちにとって、無農薬で栽培され、しかも店内からその様子を見る事ができるのは、大変魅力的なようで、皆さん中庭の野菜を見ながら会話を弾ませています。そんなこだわりの食材を使った料理は、醤油ベースの上海料理で、日本人の口にもよくあい、駐在している日本人もよく利用しているようです。この季節オススメはやはり上海蟹を使った料理です。特に爪の肉だけを取り出し、豆腐と一緒に調理したものは絶品!是非足を運んで見て下さい。

【関連情報】

メニューには英語と日本語もついています。あっさりした上海料理を是非お楽しみ下さい。 メニューには英語と日本語もついています。あっさりした上海料理を是非お楽しみ下さい。

■上海老駅
住所:上海市漕渓北路201号
電話:021-6427-2233
時間:11:00〜14:00 17:30〜22:30(ラストオーダー21:30)
定休日:年中無休
アクセス:地下鉄1・9・11号線徐家匯駅9番出口下車徒歩2分
※日本語不可・日本語メニューあり

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2014/12/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索