page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

一味違うシノワズリ雑貨を、大注目エリア田子坊で探そう


掲載日:2015/03/01 テーマ:ショッピング 行き先: 中国 / 上海

タグ: お土産 ショッピング 雑貨


中国文化の影響を受けたデザインは上海でも大人気

根強い人気のあるシノワズリ。年々デザイン性の高いものが多く売られるようになった。 根強い人気のあるシノワズリ。年々デザイン性の高いものが多く売られるようになった。

ショッピングはどの観光地に行っても、旅の楽しみの一つですね。海外旅行に行くと、やはりその土地らしいお土産を買いたいと感じると思います。中国で買いたいもので、よくあげられるのが「シノワズリ」と呼ばれるものです。シノワズリとはもともとヨーロッパ発祥の文化で、外国の人が中国をイメージしたり、中国文化の影響を受け作られた陶磁器や絵画などをさしました。現在でもシノワズリ雑貨は上海のお土産でも人気が高いものだと言えます。

お土産屋さんでよく見る雑貨とは、デザインが全く違う

控えめな看板に小さめの入り口だが、中に入ると多くの人が買い物を楽しんでいる。 控えめな看板に小さめの入り口だが、中に入ると多くの人が買い物を楽しんでいる。

チャイナドレスの生地で作った、ポーチや印鑑ケースを中国各地のお土産屋さんで、目にすると思いますが、これはシノワズリというよりも純粋に中国雑貨のジャンルに入ると思います。シノワズリは、外から見た中国のイメージをデザインしたものですので、それを取り扱うお店もあちらこちらにあるというわけではありません。今回ご紹介するお店は上海のおしゃれスポット田子坊の中にある、「esydragon」です。田子坊と言えば、人気のショップが軒を連ねていることで有名ですが、その中でも多くの人たちで連日賑わっている大注目のお店です。

お土産にもこだわりたいあなたに

チャイナドレス型や男性が着るようなタイプの服を模ったものまで様々だ。大きさにより値段も様々なので、予算に応じて選びたい。 チャイナドレス型や男性が着るようなタイプの服を模ったものまで様々だ。大きさにより値段も様々なので、予算に応じて選びたい。

店内に入ると、色鮮やかな雑貨が目に飛び込んできます。色鮮やかと言っても派手な感じはなく、年代問わず好まれそうなテイストの雑貨が取り揃えてあります。お土産に嬉しいのが、薄手でたくさん買ってもかさ張らないものですね。このお店でオススメしたいのが、チャイナドレス型の小物入れです。この様な小物入れは、観光地にもあると言えばあるのですが、縫製があまりいいとは言えず、デザインもいま一つのものが多いです。しかしこちらのものはドレスの模様が刺繍で表現してあり、落ち着いた色合いなのが特徴です。値段は75元(約1200円)と、観光地と比べると決して安いものではありませんが、長く使うものとしては、絶対オススメしたい品です。

控えめだけど美しい陶器がオススメ

陶磁器は130元〜200元前後(約2000〜3200円)。一つ一つ違う表情を見せる絵付けは、見ているだけでも面白い。自分用に買い求める人が多いそうだ。 陶磁器は130元〜200元前後(約2000〜3200円)。一つ一つ違う表情を見せる絵付けは、見ているだけでも面白い。自分用に買い求める人が多いそうだ。

もう一つオススメしたいものは、シノワズリ陶器です。茶器やコップ、灰皿やボトルなど様々な物が作られていて、自宅のものを揃えたくなるくらい種類が豊富です。こちらのデザインで特徴的なのが、植物や鳥、金魚や蝶など自然をテーマにしたものが多く描かれていることです。中国を連想させる鮮やかな色をベースとして、その上に牡丹や梅、紫陽花などが描かれています。小枝に止まった鶯の絵柄もとても人気があるそうです。陶器シリーズでオススメなのが、小皿です。色々な事に使えそうなサイズで、飾ったり、食器として使ったり、灰皿として使ったり、もらった人の工夫次第で色々な事に利用できます。旅の記念に是非一枚お買い求め下さい。

【関連情報】

今回ご紹介したもの以外でも面白いものが沢山あるので、少し時間を多めに取って、じっくり品定めしてみて下さい。 今回ご紹介したもの以外でも面白いものが沢山あるので、少し時間を多めに取って、じっくり品定めしてみて下さい。

■esydragon
住所:上海市泰康路248弄51号1楼
電話:021-6467-4818
時間:10:00〜19:00
定休日:年中無休
アクセス:地下鉄9号線打浦橋駅1号出口下車徒歩約5分
※日本語不可

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/03/01)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索