page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

時間の流れが止まったレトロな通り多倫路をのんびり歩こう


掲載日:2015/06/10 テーマ:観光地・名所 行き先: 中国 / 上海

タグ: 夏にオススメ 街歩き 春にオススメ


上海市中心からわずか4駅で、緑豊かな下町へ

市中心から4駅という場所ながら、緑も多く市民の憩いの場になっている地域 市中心から4駅という場所ながら、緑も多く市民の憩いの場になっている地域

上海の市中心に地下鉄人民広場駅があります。そこから4駅という距離に、ほっとできる憩いの場があります。最寄の駅名は虹口足球駅といい、足球はサッカーという意味です。その駅名通り、駅を降りるとすぐ目の前にとても大きなサッカー競技場があります。ここが最寄駅となる観光名所といえば、魯迅公園です。魯迅公園は地元の人に大変親しまれている公園で、魯迅と名がついていることでピンとくる方もいらっしゃると思いますが、公園内には日本にもゆかりがある、魯迅の生涯を紹介した魯迅記念館があります。とても広い公園で、太極拳をする人や大人数でカラオケをする光景が見られることから、日本からのツアーでも立ち寄る事が多いようです。

日本人が多く住んでいた面影残る町

教会やホテル、学校、皆など親しみがあるレトロストリート 教会やホテル、学校、皆など親しみがあるレトロストリート

今回ご紹介するのは、その魯迅公園のすぐ目の前にある多倫路です。話は少し戻りますが、最寄の駅名「虹口足球駅」の虹口とは、この周辺の地区名です。虹口は共同租界日本人居留区であった過去があります。地名や橋の名前などにも日本らしい名前が沢山残っていますし、日本人が住んでいた家屋、病院跡、寺社仏閣跡なども現在まで地元の方々の住居として使われており、歴史散策をする人たちが訪ね歩く姿も見られます。多倫路は虹口にある一つの通りで、石畳の通りの両脇には赴きのある建物が並び、骨董店も立ち並ぶレトロでおしゃれな観光地です。

お土産選びや建物見学も面白い

緩やかにカーブしていう多倫路に沿って建っているアパート。洗濯物が干してある風景が、なぜかほのぼのさせられる。 緩やかにカーブしていう多倫路に沿って建っているアパート。洗濯物が干してある風景が、なぜかほのぼのさせられる。

石畳の通りには、様々な店舗が並んでいます。骨董店も数店舗あり、人気の高いレトロなお菓子の缶や家具、毛沢東の置き物などが売られています。珍しい物では古地図や昔の上海の写真なども取り扱っていて、見るだけでもとても楽しく過ごせます。魯迅公園側から門をくぐって左側には一階が小さな店舗、上は住居という3階建てアパート永安里が見えます。この通り沿いの建物は、ほとんどが今から80年くらい前に建てられたと言われていますが、永安里アパートはそんな時代に建てられたとは思えないほどよくできた建物で、道の緩やかなカーブに沿うように建てられています。

変身写真や結婚記念写真の撮影にも

天気のいい日は、一日で何組も写真撮影している様子が見られる。ドレスを着て撮影するよりは、レトロなチャイナドレスとヘアスタイルでというのが人気らしい。 天気のいい日は、一日で何組も写真撮影している様子が見られる。ドレスを着て撮影するよりは、レトロなチャイナドレスとヘアスタイルでというのが人気らしい。

数年前に石畳などのリニューアル工事も行われ、さらに美しくなった多倫路は、映画のセットさながらの風景が広がります。その為結婚を控えた上海っ子の間では、記念撮影をする場所としてよくこの通りを利用します。外灘も撮影場所にする人が多いですが、上海有数の観光スポットで、つねに人通りがあるので、長い時間撮影するのは、少し難しいかもしれません。その点こちらは緑に囲まれた静かな通りなので、ほぼ一日かけてゆっくり写真撮影ができるそうです。ガイドブックに載っている変身写真館に問い合わせると、多倫路でレトロモダンな記念撮影ができると思います。

【関連情報】

この通りは現代美術館やレストラン、昔の本屋さんなど至る所に見どころがある。時間をかけてゆっくり歩いてみよう。 この通りは現代美術館やレストラン、昔の本屋さんなど至る所に見どころがある。時間をかけてゆっくり歩いてみよう。

■多倫路
住所:上海市多倫路239号
アクセス:地下鉄8号線虹口足球場駅1号下車。魯迅公園目の前。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/06/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索