page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

気軽に地元の味を楽しみたい人必見!安い・おいしい・すぐ食べられる巨大フードコート


掲載日:2015/08/20 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい グルメ 安い


食事に迷ったらフードコートを利用してみよう

行きたい時に行けて、食べたい物を好きなだけ選んで、しかも安いフードコートは、旅の強い味方。 行きたい時に行けて、食べたい物を好きなだけ選んで、しかも安いフードコートは、旅の強い味方。

旅の途中お腹がすいて、「どうしよう…レストランに入る程でもないけど、コンビニで買うのもなぁ。」という時がありませんか。ついつい観光に夢中になって食事の時間帯を過ぎてしまい、お目当てのレストランはもう閉まっていた…なんてことはありませんか。そんな時利用すると便利なのが、フードコートですよね。特に時間帯を気にする必要もなく、行きたい時いたいだけいられ、何が食べたいか分からない時は、沢山のお店の中から選ぶ楽しみもあります。上海にも地元の人たちに愛されるフードコートがいくつもありますよ!今回は市中心にある大食代をご紹介します。

プリペイドカードで支払うから衛生的

中国語が分からなくても、お金を出せばカードを作ってくれる。 中国語が分からなくても、お金を出せばカードを作ってくれる。

大食代はフードコートのチェーン店で、大きめのスーパーやデパートの中に出店しています。大食代は中華料理だけではなく、韓国料理、台湾料理、日本料理、デザート、点心、お鍋、麺類などなど様々なジャンルのお店があります。お金の支払い方がお店ごとに現金で払うのではなく、中央にあるサービスカウンターでプリペイドカードを購入し、お店にそれを提示する方法をとっています。現金ではなくカードのやりとりなので、衛生的ですし、わずらわしさもありません。勿論余ったお金は最後に払い戻しができます。

選ぶ楽しみがあるのはフードコートならでは

綺麗に並べられた食材。どれを選ぶか目移りする。店舗によってはガラス越し調理するので、日本と違う調理方法を間近で見られるいいチャンス。 綺麗に並べられた食材。どれを選ぶか目移りする。店舗によってはガラス越し調理するので、日本と違う調理方法を間近で見られるいいチャンス。

大食代は値段が飛びぬけて高い物がありません。地元の方々が普段から買い物ついでに利用できるくらいの設定になっています。その辺りは日本のフードコートと変わりません。お手頃価格だからと言って味がいまいちなのかというと、それも違います。各ブースには食材が並び、店舗によってはその場で手早く調理してくれるところもあります。メインは中華で、デザートは台湾のかき氷という感じに、違う国の食べ物を自由に選べるのも、レストランとは違う楽しみ方ですね。

フードコートならではの変わったお店も

一人鍋は若い人にとても人気がある。友達と違う味のスープを頼んで、食べ比べする光景も。一人旅の方も、周りを気にすることなくゆっくり食事できる。 一人鍋は若い人にとても人気がある。友達と違う味のスープを頼んで、食べ比べする光景も。一人旅の方も、周りを気にすることなくゆっくり食事できる。

ここには多くのお店がありますが、私がオススメしたいのが、一人で食べられる鍋のお店です。目の前にあるカウンターに、小さめの鍋が埋め込まれています。どんな味のスープにするのか決めたら、次に中に入れる具を選びます。一人鍋と聞くと、なんとなく年配の方が多いのかなと想像してしまいますが、こちらは若い人に人気のお店です。鍋専門店は家族連れなど大人数が目立ちますが、こちらは一人で利用するお店なので、一人旅の方にはうってつけのお店だと思います。こんなお店があるのもフードコートならではですね!

【関連情報】

来福士は人民広場の目の前。待ち合わせ場所としてもよく利用されている。 来福士は人民広場の目の前。待ち合わせ場所としてもよく利用されている。

■大食代 来福士店
住所:上海市西蔵中路268号来福士広場6階
電話:021-6340-4321
時間:10:00〜22:00
定休日:年中無休
アクセス:地下鉄1・2・8号線人民広場駅15号出口から直結している来福士広場
※日本語不可

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2015/08/20)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索