page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・上海・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

言葉の不安は問題なし!上海名物を選んで食べる大型フードコート


掲載日:2016/06/25 テーマ:グルメ 行き先: 中国 / 上海

タグ: おいしい ためになる グルメ


旅先でも食事に妥協はしたくない

中国語は話せない。お金はどうやって払うの??このメニューはどんな物が出てくるの??そんな不安と無縁なのがフードコートの魅力です。 中国語は話せない。お金はどうやって払うの??このメニューはどんな物が出てくるの??そんな不安と無縁なのがフードコートの魅力です。

本当は食べてみたい物があるけど、言葉がわからないから注文することができない。外国語で書かれたメニューを見て、一体どんなものが出てくるのか想像もできない。団体ツアーで申し込んだ旅行には、三食ついていて心配ないけど、ちょっと食べてみたい物がある。そんなもどかしい気持ちになったことはありませんか。そんな時、自分で好みの料理を選んで、テーブルに運んで食べるカフェテリア方式のレストランは強い味方ですね。今回は想像をはるかに超える巨大なフードコートをご紹介します。

三階建の広い店内は、上海料理が盛りだくさん

とにかく広い店内は活気があって、観光地にありながら地元の活気を感じることができるような気がする。席がうまっていても案外すぐ空くので、まずは注文をしに行こう。 とにかく広い店内は活気があって、観光地にありながら地元の活気を感じることができるような気がする。席がうまっていても案外すぐ空くので、まずは注文をしに行こう。

今回ご紹介する上海老城隍廟小吃広場は、観光名所として有名な豫園商城の中にあります。多くの観光客でごたがえす豫園でも、しっかり食事したいですよね。お店はなんと三階建てで、一階二階は上海料理がメインで、三階は火鍋や日本料理店などがあります。広い広い一階が大繁盛しているところを目の当たりにすると、短い時間で食べられるかなと心配になるかもしれませんが、二階三階は混んでいないことが多いので、穴場かもしれません。

言葉の壁問題なし!中国語メニュー見る必要なし!

遠くまで並ぶおいしそうな上海料理は、どれもできたてで湯気がたつ。手前で沢山取ってしまわないように注意しよう。 遠くまで並ぶおいしそうな上海料理は、どれもできたてで湯気がたつ。手前で沢山取ってしまわないように注意しよう。

上海老城隍廟小吃広場の注文と会計はいたってシンプル。まず、ずらりと並ぶできたての上海料理を見て、好きな物をトレーに乗せていきます。値段もしっかり書いてあるので安心ですし、ここで店員とお話する必要もありません。取りながら進んでいくと、最後にレジがあるので、ここでお会計をしましょう。勿論ここでも中国語で話したり、金額を聞きとったりする必要はありません。お会計が終わったら、好きな席に座って食事をします。このシステムなら初めての方でも安心ですね。

お手頃価格でメニューが豊富

小籠包最大の魅力は、たっぷりの肉汁!それをメインで飲んでしまおうというこのメニュー。お店に大きなモニュメントがあるくらい、ここの名物料理。 小籠包最大の魅力は、たっぷりの肉汁!それをメインで飲んでしまおうというこのメニュー。お店に大きなモニュメントがあるくらい、ここの名物料理。

ここのメニューは安い物で10元(約170円)くらいからと、どれもお手頃な価格設定です。ですから、見た事がないメニューにも挑戦しやすいですし、大勢の友達と沢山の種類をシェアするのもオススメです。一品だけ注文してもいいので、一人旅の方や、団体ツアーの自由行動で立ち寄るのもいいと思います。ずらりと並ぶ上海料理ですが、季節になると上海蟹も並びます。他にも大きな小籠包にストローが差してあるものや(中の肉汁を飲みます)、スイーツも充実しています。フレッシュジュースやお酒も売っているので、ちょっとした休憩にも是非利用してみてください。

【関連情報】

天気がいい日は、外でお持ち帰りの食べ物を売っていることがあります。こちらも要チェックです! 天気がいい日は、外でお持ち帰りの食べ物を売っていることがあります。こちらも要チェックです!

■上海老城隍廟小吃広場
住所:上海市凝暉路68号
電話:021-6355-7878
時間:10:00〜22:00
定休日:年中無休
アクセス:地下鉄10号線豫園駅駅下車。豫園商城内凝暉路
※日本語/クレジットカード 不可

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2016/06/25)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索