中国人好みの日本の味と言えば、あの調味料が決めて!

中国人が大好きな日本の味って、知ってますか?もちろん、お寿司やてんぷらも入ってますが、お好み焼きが大好きなのです。あのソース味が好みのようです。濃厚で辛味もあって、まろやか。ちなみに中国人はとんかつソースも好きです。とんかつソースは北京や上海などの大都市では、手に入りますが、お好み焼きのソースは手に入りません。中国に行くとき、お好み焼きを食べたことがある中国人の友達から「お多福ソースを持ってきてほしい」と、言われることもあります。お多福はお好み焼きのソースで有名な関西の会社です。中国人はおいしいブランドには敏感です。

中国人の友達が日本に来たら、居酒屋に行こう! 中国人の友達が日本に来たら、居酒屋に行こう!

ごちそうを期待してくる中国人の友達をどこに連れて行く?

仕事でお世話になった人など、中国人の友達が日本にやってくることになりました。さあ、どこに連れて行こうか、何を食べさせてあげようかと悩みます。中国では、友人や知り合いがやってきた時、その土地の人間がごはんをごちそうするのが決まりです。日本人が中国に行くと、中国人の友達がごちそうしてくれます。もちろん、お返しはしなくてはいけませんが、中国人の友達もおごってもらうつもり満々で日本にやってきます。お好み焼きを食べに連れて行くとします。お好み焼きを、自分で焼くのも中国人には新鮮ですし、日本を代表する食文化です。これは、いい選択のようで、日中の感覚の違いが問題になる可能性があります。

お好み焼き屋にみる感覚の違いが日中の誤解を生む

日本人から見て、お好み焼きって、大型で小奇麗なチェーン店よりも、職人気質のご主人の小さなお店のほうがおいしいという感覚はありませんか?しかもこんなお店は古いところが多い。中国人の友達においしいお好み焼きを食べてもらおうと、地元っ子なら誰でも知っている小さなお好み焼き店に連れて行ったとします。多くの中国人には、「古くて小さいけれど、おいしいお店」という感覚はわかってもらえません。「こんなしょぼい店に連れてくるなんて、日本人ってケチだ」と思う人がほとんどです。おいしいお好み焼きをごちそうするというのは、かなり難しいです。

実は雰囲気に弱い中国人、連れて行くならあのお店

おすすめは居酒屋です。日本の居酒屋は中国でも有名なんですよ。ちょっと薄暗いお店の中が、こまごまと分かれ、ちょうちんなどかがあると、中国人には、本場の居酒屋に来たという気分も味わってもらえます。おさしみや焼き鳥など、幅広い料理を楽しんでもらえるのも、居酒屋のいいところです。居酒屋なら、ごく普通の庶民的なお店でも、こじゃれて少しだけ高級感を売りにしたお店でも、中国人の友達に楽しんでもらえること間違いなしです。中国人の友達が日本に来たときは、お好み焼き屋よりもハズレが少ない居酒屋に連れて行くのがおすすめです。