中国で人気の「関東煮」は日本のおでんと同じ?

今、中国の大都市にある屋台街で「関東煮」の看板をよく見かけます。特に若者が多い繁華街の屋台やコンビニに行くと、必ず関東煮はあります。中国の関東煮って、日本のおでんです。今時の中国人はおでんが大好きなんですよ。一昔前なら、日本にきたことがある中国人は「お寿司はおいしいけど、日本食は量が少なくて、味が薄いね」と言う人がほとんどでした。今は中国の都市部では健康を気にかける人が増え、油っこいもの、唐辛子たっぷりの辛いものを避けるようになりました。そんなことも関係しているのか、おだしのやさしい味が中国で受け入れられるようになっていました。

中国と韓国で大人気!現地で進化する日本のオデン 中国と韓国で大人気!現地で進化する日本のオデン

中国人が好きなオデンの具

中国で関東煮と言うと、人気がある具は練り物系の具と糸こんにゃく、カニかまぼこあたりです。日本のおでんに欠かせない大根やじゃがいもはもともと入ってません。「貢丸(コンワン)」と呼ばれる魚や肉のだんごがメインです。串にさした具を選んで、お出汁と一緒に紙コップに入れてもらいます。お箸は初めからなく、串を持って食べるスナックです。おだしは、現地風の味付けにはなっておらず、北京や上海のコンビニのおでんでもかなりいけます。

韓国ではあれをオデンと呼ぶ?

このおでん、韓国の屋台街にも必ずあります。韓国ではそのまま「オデン」と呼ばれています。いりこ出汁で煮込んだオデンの具は細長い平天など、練り製品ばかりです。ここでも大根やじゃがいもの具はなしです。韓国ではさつま揚げや平天のような練り物そのものを、オデンと呼びます。だから具に練り製品が入っていたら、オデンと呼んでもいいのです。味は日本のオデンと同じですが、食べ方は中国のオデンと同じです。中国よりはるかに長い串にさした具を紙コップにいれてくれます。やはり韓国でもオデンはスナックです。

中国人と韓国人がオデンを好きな訳

中国人も韓国人も、もともと練り物好きです。だから今のオデン人気は不思議なことではありません。ただ、延々と練り物を食べる中国人や韓国人を見ていると、お出汁は日本の味でも、日本のオデンとは違うものに見えます。中国と韓国で独自の進化をとげていくオデン、ハズレははないので、一度、食べてみませんか? 練りがらしがないなど、違いが目につきますが、かなりいけますよ!