週末のみで行く上海

有給を取らずに週末だけで海外旅行しませんか。フライト時間も短く、フライト本数も多い、近場の上海はいかがでしょう。金曜の夜フライト若しくは、土曜朝に出発して、帰りは日曜の夕方のフライトがあります。もちろんフライト事情も大事ですが、楽しく過ごせる場所でなくては意味がありません、お勧めの過ごし方をご提案します。上海空港からは市内東端の龍陽路駅まで、わずか8分弱で結ぶリニアモーターカーに乗って最速で市内へ向かいましょう。ギネス登録された、時速400kmの乗り物で市内入りです。

弾丸ツアーなら近場が一番!(1)上海が楽しい! 弾丸ツアーなら近場が一番!(1)上海が楽しい!

1日目は定番観光へ

初めての上海なら、定番の観光地は回りたいですね。まずは、豫園。美味しい点心のお店もありのでこの辺りでランチしましょうか。周辺には土産屋も多くあるので、配るお土産はささっと買ってしまいましょう。上海雑技団を見るなら、夕方からの開演に間に合うように行きましょう。その後は夜景を見に外灘(バンド)方面へ。ホテル上階のレストランから外のバルコニーに出てみると、対岸の東方明珠塔のライトアップがきれいに見えました。この辺りは高級レストランばかりですが、1杯のカクテルから利用できました。最高の夜景をご覧下さい。

2日目の朝はゆっくりと

朝食付きのホテルにして、朝はゆっくりスタートしました。上海の屋台朝食にも惹かれますが、1泊2日の旅行ですし、朝くらいホテルでゆっくりしてもいいと思います。天気のいい日は、上海のシンボルタワー東方明珠塔へ登って、発展していく上海の町並みの全貌を見下ろしました。展望台の高さが3段階あり、料金も異なります。2008年にオープンした上海ヒルズも世界一高い展望台があるので、こちらも候補に入れてみるのもいいかもしれません。遅めのランチをとったら空港へ向かい、日本には20時くらいに到着するフライトが理想ですね。

足りない分は、また次回

これら以外にも、フランス租界辺りは上海の異なる表情を見せてくれるお勧めの散策エリアですが、範囲も広いです。外灘(バンド)は夜景をお勧めしましたが、昼間の散策にもいいところです。欲張りして回らず、ポイントを絞って観光しましょう。気に入ったらまた来たらいいと割り切ることがポイントでしょうか。疲れて、2度と週末海外は行かない!となってはつまらないです。発展の早い上海、しばらくしてから週末旅行に再び行くと、また新しいスポットができているかもしれませんよ。