香格里拉(シャングリラ)グルメ・料理ガイド

香格里拉(シャングリラ)グルメガイド

香格里拉(シャングリラ)のグルメ・伝統料理

ツーリストの多い町のため、中国各地の中華料理から西洋料理、日本料理、インド料理まで食事には不自由しないが、香格里拉は古くからのチベット族の居住地。やはりチベットグルメを楽しみたい。主食のツァンパは大麦を炒って粉にしたものをバター茶でこねて団子状にしたもの。日本の麦焦がしのような香ばしい味がする。肉はヤクか羊を食べることが多い。ヤクの肉は骨付きのまま茹でたり、鍋に入れたりする。このほかトゥクパ(うどん)、モモ(餃子)などが代表的なチベット料理だ。(2015年編集部調べ)


香格里拉(シャングリラ)のレストラン・屋台

香格里拉の町は、蔵経院(中心鎮公堂)を中心とする古城(旧市街)と、その北側に広がる新市街に分かれている。チベット風情を味わうなら古城周辺がおすすめだ。特ににぎやかなのは、宿やツーリスト向けのレストランが集まる四方街の周辺。土産物屋とともに、ヤク肉やモモなどチベット料理を出すレストランもこの辺りに多い。また、香格里拉周辺は松茸の産地としても知られており、夏にはふんだんに松茸を使った松茸料理が食べられる。

香格里拉(シャングリラ)の水・お酒

中国の他の町と同じく、水道水は飲用には適さないため、商店などで買えるミネラルウォーターや、水筒に入れたお湯・お茶を飲もう。チベット族は塩味のバター茶が好きだが、日本人の口には合わないようだ。チベット族の代表的な酒はチャン。米やハダカムギからつくったどぶろくである。標高が3000mを超えており、酔いやすいので飲み過ぎには注意したい。ビールは雲南省を代表する「大理ビール」「瀾滄江ビール」をよく見かける。


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


香格里拉(シャングリラ)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる香格里拉(シャングリラ)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
香格里拉(シャングリラ)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!