紹興(シャオシン)グルメ・料理ガイド

紹興(シャオシン)グルメガイド

紹興(シャオシン)のグルメ・伝統料理

水郷といえば杭州や蘇州が有名だが、実は紹興も江南屈指の水郷だ。そのため、川海老や川魚をよく食す。またその周辺で飼育されている鶏や鴨、うずらなども紹興料理の代表的な食材だ。清湯越鶏は地元の様々な食材を使い隠し味に紹興酒を使った郷土料理で、「紹興料理の女王」とも呼ばれている。紹興酒にあうおつまみに近い食事も多く、街角で安い値段で食べることができる。お酒にあうように塩分や唐辛子が強いもの、中には臭豆腐のように匂いの強い食べ物もあり、地元の人たちに愛されるイチオシしグルメだ。(2015年編集部調べ)


紹興(シャオシン)のレストラン・屋台

紹興で一番有名と言っても過言でないのが、咸亨酒店だ。こちらは魯迅の小説『孔乙己』に登場する居酒屋を復元した店で、連日魯迅ファンはもちろん、紹興料理を味わいたい人たちで賑わっている。紹興では中国8大料理の一つである浙江料理を味わえるレストラン、家庭的な料理「家常菜」を味わえるレストランや屋台、紹興酒を飲みながら名物のおつまみを頂く居酒屋と、伝統料理を味わうスタイルも様々だ。美味しい紹興酒を引き立てる料理が多いので、ぜひお酒と共に頂きたい。

紹興(シャオシン)の水・お酒

紹興酒の本場として有名な紹興で、よく飲まれるお酒は当然、紹興酒だ。レストランでは数種類の紹興酒を用意しているのがほとんどで、料理にも頻繁に使用する。工芸品の花彫酒はお土産として買われることがほとんどで、値段も少し高い。現地で飲む手頃な価格のものは近くのスーパーやコンビニで購入可能。水事情はあまり良くなく、水道水は飲むことができない。ミネラルウォーターなどの飲み物を自分で用意する必要がある。


現地ガイド発!紹興(シャオシン)のグルメ・料理最新情報

2015/01/25 グルメ

すごいにおい! 本当に臭い臭豆腐を求めて紹興へ

紹興(シャオシン)旅行イメージ-すごいにおい! 本当に臭い臭豆腐を求めて紹興へ すごいにおい! 本当に臭い臭豆腐を求めて紹興へ

少し離れたところでそれを売っている屋台や食堂があるだけで、わかってしまうあの臭い。臭い料理と言えば、もちろん臭豆腐(チョウドウフ)です。台湾の夜市や中国の屋台や食堂では定番のスナックです。テレビの旅番組では、取材に行った女優さんやタレントが大げさに「すごいにおい!」を連発します。このにおいが苦手な人もいますが、一度食べてから、好きになってしまったという日本人も多いのでは? 中国では臭豆腐の本場は浙江省の紹興と湖南省の長沙です。本当に臭い臭豆腐を求めて、上海から高速バスで簡単に行ける紹興に行ってみました。続きを見る


紹興(シャオシン)のグルメ・料理ガイド記事

紹興(シャオシン)の記事一覧を見る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


紹興(シャオシン)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる紹興(シャオシン)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
紹興(シャオシン)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!