page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

瀋陽で、手頃な値段で快適な滞在ができるのは「ホテル ジェン」。シャンパレスでのディナーも是非!


掲載日:2019/12/26 テーマ:憧れホテル 行き先: 中国 / 瀋陽(シェンアン)

タグ: スパイシー料理 安い 朝食


信頼のブランド「シャングリ・ラ」系列の新しいホテル

朝食は野菜たっぷり。中国粥や豆腐も 朝食は野菜たっぷり。中国粥や豆腐も

瀋陽は観光資源の豊富な町なので、できれば連泊してたくさんのスポットを訪れたいものですね。ホテルの数も多く、宿泊に困ることはありません。中でも私がおすすめなのは、「ホテル ジェン・瀋陽」です。ホテル ジェンは日本には進出していませんが、高級すぎず安っぽくならない、使いやすい価格帯が魅力。香港の「シャングリ・ラ・ホテルズ&リゾーツ」の廉価ブランドです。2014年からスタートした新ブランドでもあります。

瀋陽駅から近いので移動に便利

美しいロビー 美しいロビー

高速鉄道などで瀋陽に来るなら、ホテル ジェンまでは瀋陽駅から徒歩5〜10分(ただし、高速鉄道の幹線駅は瀋陽駅と瀋陽北駅の二つあるので注意)。周囲にはデパートやショッピングセンターが建ち並んでいますが、ホテルの1階にもちょっとしたショッピングモールがあります。ロビーは高級ホテルの雰囲気ですが、スタッフの制服はいたってカジュアル、そして大変ありがたいことに英語が通じます! ホテルのフロントで英語が通じないことがままある東北地方では、これだけでぐっと好感度が上がりますね。

タクシー運転手は新しいホテルの名前を知らないかも

普通としか言いようのない室内。でも結局こういうのが落ち着きます 普通としか言いようのない室内。でも結局こういうのが落ち着きます

室内はごくシンプルで十分広く、どことなく年季を感じさせます。2014年開業の新ブランドといっても、ここは以前からあった同系列のビジネスホテル「トレーダースホテル」からのリニューアルオープンなので、建物自体はそのままなんですね。ちなみにタクシーでここへ向かう場合、「ホテル ジェン(今旅酒店)」と運転手に告げても知らない人がほとんどです。いまだに「トレーダースホテル(商貿飯店)」と言うほうが、よく通じるようですよ。

なんと“普段着で行ける”シャンパレス?!

ただただセロリを食べるだけなんですが、これが実においしくて…… ただただセロリを食べるだけなんですが、これが実においしくて……

このホテル最大のポイントは、食事がおいしいところでしょう。朝食は中国らしいメニューがたっぷり、種類豊富で朝からうれしくなります。カフェやラウンジもいい雰囲気ですが、ディナーにはぜひ「シャンパレス(香宮)」へ。さすがシャングリ・ラ系列の強み、香港でミシュラン二つ星を獲得しているあのシャンパレスがメインダイニングなんです。といっても、香港のシャンパレスと違って、ここならさほどドレスアップしなくてもごく気軽に入れます。ご当地ものとして東北地方料理も食べられますよ。

シャングリ・ラ限定版の青島ビールは、痛恨の常温でしたが……!

「シャングリ・ラ」のラベルが輝く常温ビール 「シャングリ・ラ」のラベルが輝く常温ビール

私も、細切りセロリのマリネサラダやスパイシーなラムチョップなどを試してみました。見た目は素朴なのに文句なくおいしい! お皿や盛り付けもごくごくカジュアルで、高級店のムードを期待しすぎない方がいいかも。けれどもスタッフはきちんとした接客で好感度大ですよ。一点、ビールが好きな人には注意事項を。東北地方では、ビールが冷えていないことがままあります。ここでもシャングリ・ラ・ホテル限定の青島ビールがあったのですが、残念なことに常温でした……。もしディナーを予約するなら、そのときに「ビールを冷やしておいて」と頼んでおくといいでしょう。立地よし食事よしサービスよしのホテル ジェン・瀋陽は、とかく疲れる中国旅行でも、ほっとできるホテルです。

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2019/12/26)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索