観光スポット「瀋陽の街」の旅行情報

観光スポット「瀋陽の街」の旅行情報

瀋陽の街

名称:瀋陽の街(中国/瀋陽(シェンアン)
ジャンル:観光スポット

遼寧省の省都で東北地方一の重工業都市。元の時代に城郭が造られ、この地方の中心地となった。その後、清朝の初代皇帝ヌルハチが清朝の前身である後金の都をここに移した。いちばんの見どころである瀋陽故宮は、ヌルハチと2代皇帝ホンタイジが築いた皇城。6万平方メートルの敷地に70あまりの建物、300室以上の部屋で構成される壮大な建築群だ。市内には太祖ヌルハチ夫妻の陵墓・東陵、太宗ホンタイジ夫妻の陵墓・北陵も残っている。満州国時代には奉天と呼ばれ、そのころの建造物、瀋陽駅(旧奉天駅)や遼寧賓館(旧大和ホテル)などを今なお見ることができる。九・一八(満州)事変博物館、張学良旧居陳列館なども見どころ。

ここに行くツアーを探す

現地ガイド発!瀋陽(シェンアン)の観光スポット最新情報

2016/05/20 観光地・名所

中国の東北地方で懐かしの日本を巡る旅! 瀋陽編

瀋陽(シェンアン)旅行イメージ-東京駅の設計書を流用したため、東京駅より4年早く完成。東京駅に似ている? 東京駅の設計書を流用したため、東京駅より4年早く完成。東京駅に似ている?

おとぎの国風と言うのは、かわいく褒めすぎ?でも、緑色の屋根と赤レンガの駅舎が、本当にモダンでかわいいです。昭和な雰囲気が漂うこの駅は、中国の東北地方の瀋陽駅です。日本がこの地に満州国を築いた頃、瀋陽は奉天と呼ばれていました。瀋陽駅は奉天駅と呼ばれ、東京駅を模して建てられました。とは言っても、東京駅よりも建てられた時期は早く1910年です。満州国があった頃、奉天駅の東側は、南満州鉄道会社、通称満鉄に付属していた地区でした。そのため、このあたりは満鉄関連の建物の宝庫です。旧満鉄共同事務所だった建物が、鉄道1912飯店というホテルに生まれ代わり現在も営業中です。続きを見る



瀋陽(シェンアン)旅行でぜひ訪れたい観光スポット


 

ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook

 

瀋陽の街への旅行・ツアー参加前に要チェック!言語や気温や観光情報をはじめ、クチコミ・体験談や専門ガイドによる記事など現地情報が満載です。
日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードでご希望のツアーをお探し下さい。