中国ショッピング・お土産ガイド

中国ショッピング・お土産ガイド

中国のショッピング情報

気候も地形も文化も地域によって大きく異なる中国には、地方ごとの特産物が存在する。代表的なお土産には、緑茶から半発酵茶、紅茶まで、製法も味も異なるさまざまなお茶がある。急須や湯のみなどの茶道具も、洗練されたデザインのものがありお土産にいい。このほかに中国人が好む翡翠を使ったアクセサリーやキーホルダー、縁起のよい赤の組紐を使った飾り物、シルク製品、印鑑、木や石などで作られた工芸品、少数民族風の雑貨、調味料や食品などがある。(2015年編集部調べ)


中国の通貨・チップ・クレジットカード

●通貨
中国の通貨単位は元(ユエン)と角(ジャオ)、分(フェン)で、1元=10角=100分。紙幣は1〜5角と1〜100元、コインは1角〜1元が主に出回っている。分はほとんど見かけることはない。なお、元は口語で塊(クァイ)、角は毛(マオ)と呼ばれる。
●チップ
チップは基本的には不要。ただし、高級ホテルのポーターが部屋まで荷物を運んでくれたり、タクシーの運転手などから特別なサービスを受けたりした場合には、5〜10元渡すとスマート。
●クレジットカード
中級以上のホテルやレストランで使用可能。都市であればATMもあちこちにあり、現金を引き出すこともできる。


現地ガイド発!中国のショッピング・お土産最新情報

2017/03/26 ショッピング

海外旅行中国編! 安い製品に要注意! 天津名物「十八街麻花」は、確認してから買おう!

中国旅行イメージ-2箱28元の格安の麻花。味はけっこうおいしい気がするけれど、どんな原料を使っているかは謎 2箱28元の格安の麻花。味はけっこうおいしい気がするけれど、どんな原料を使っているかは謎

「えっ! 2箱で28元(約476円)?」。安いっ! こんなに安かったかしら? 今、キャンペーン中? あまりの安さに思わず、買いそうになりました。「十八街の麻花が本当に28元?」と、お店の人に確認すると、「十八街じゃなくて、天津の麻花が28元」という答えが返ってきました。やっとわかりました。麻花が異様に安い理由が。「麻花(マーホア)」とは、小麦粉生地を揚げて作った中国の伝統菓子です。横浜や神戸の中華街でも売られている麻花は、日本のかりんとうにも似たお菓子です。中国全土で買えますが、北京に近い天津の名物としても知られています。続きを見る



中国のショッピングスポット


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


中国ショッピング・お土産の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる中国の特産品やクレジットカード、アウトレット情報が満載。
中国のショッピング・お土産なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!