page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・蘇州・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

提灯の光が水面に揺れる、夜の蘇州・山塘街を遊びつくす


掲載日:2010/04/03 テーマ:観光地・名所 行き先: 中国 / 蘇州

タグ: おもしろい グルメ 街歩き


上海に行ったら、やっぱり立ち寄りたい水の都蘇州

ライトアップされた水郷・蘇州の山塘街。昼間とは全く違う風景が広がり、観光客は勿論地元の方々も多く訪れ賑わっている。 ライトアップされた水郷・蘇州の山塘街。昼間とは全く違う風景が広がり、観光客は勿論地元の方々も多く訪れ賑わっている。

中国鉄路高速CRHの開通で、上海からのアクセスがますます便利になった蘇州は、寒山寺や留園、また拙政園など有名な観光スポットが沢山あり、上海観光とあわせて是非立ち寄って頂きたい都市のひとつです。蘇州は水と緑の美しい街で、別名「東洋のベネチア」とも呼ばれています。その名の通り、街のいたるところに水路があり、水郷独特の景色が広がっています。今回はそんな水郷の中でも夜景がとっても美しい山塘街をご紹介します。

民族楽器の演奏も楽しめる、夜の水郷

高台で演奏している周りには、沢山の人たちが耳を傾けている。中にはその陽気な雰囲気に踊りだす人たちもいて、笑顔と手拍子につつまれている。 高台で演奏している周りには、沢山の人たちが耳を傾けている。中にはその陽気な雰囲気に踊りだす人たちもいて、笑顔と手拍子につつまれている。

山塘街は世界遺産で中国四大名園としても有名な留園に近い場所にあります。この場所も、もともとは他の水路と特に変わりはなかったのですが、観光客用に町並みを整備し、唐代の姿がよみがえりました。昼間に観光する水郷もおススメですが、この山塘街は夜も大変賑やかで、沢山の提灯に照らされた街なみはまたひと味もふた味も違う光景が広がります。街の中でどこからとなく聞こえてくる音楽は、地元の方たちによる、民族楽器演奏の音。演奏が行われている舞台には自然と人々が集まり耳を傾けています。

ショッピングや名物料理、水辺のカフェも

水路沿いにあるカフェ。行きかう船と夜景をじっくり楽しみたい方には、おススメです! 水路沿いにあるカフェ。行きかう船と夜景をじっくり楽しみたい方には、おススメです!

一部を観光地として開放している山塘街には、細い通りにそって沢山のお土産屋さんやレストランがあります。是非蘇州のおいしい物が食べたい!という方は、からっと揚げた魚に甘酢ソースが絶品の蘇州名物「松鼠桂魚」などを食べさせてくれる、1732年創業の松鶴楼はいかがでしょうか。本店が観前街にあるのですが、こちらでも変わらぬ老舗の味を楽しめるんですよ。またレストラン以外によく目にするのが、水路にそって並ぶカフェで、お酒も扱っているところが多いので、水面に映る街の光を眺めながら、のんびりとした時間を過ごせそうです。

夜景を楽しみながらの遊覧船が大人気!

夜は昼ほど遊覧船に乗る人がいないのかなと思っていたのですが、順番待ちするくらい賑わっていました。 夜は昼ほど遊覧船に乗る人がいないのかなと思っていたのですが、順番待ちするくらい賑わっていました。

山塘街から少し離れたところに、呉王夫差が父親の闔閭(こうりょ)を埋葬したと言われている蘇州の観光名所「虎丘」がありますが、山塘街を流れる水路はこの虎丘まで続いています。虎丘までは水路をそって歩くこともできますが、歩く場合は少し距離があるので、1時間以上はかかってしまいます。そこでおススメしたいのが、山塘街と虎丘をつなぐ遊覧船です!沢山の提灯に照らされた白壁の街は、昼間とはまた違った顔を見せてくれます。お昼に見学される方も、夜の山塘街もとても素敵ですので、是非足を運んでみてください。

【関連情報】

昼間の山塘街の様子。 昼間の山塘街の様子。

■山塘街
住所:蘇州市山塘街
アクセス:蘇州駅よりタクシー約5分
※山塘街内各店舗により、営業時間・定休日が異なります。
※街に入るのは無料ですが、中には有料の施設もありますので、ご注意ください。
■松鶴楼 山塘街店
住所:蘇州市山塘街198号
電話:0512-6532-1398
■山塘夜遊(遊覧船)
時間:17:00〜21:00
ルート:古戯台から虎丘まで
※所要時間・便数・料金・営業時間など、季節などによりよく変更されますのでご注意ください。
※山塘街周辺は観光客向けに整備されている区と、そうではない生活区ががあります。夜観光される際は、現地ガイドの指示に従い安全な旅を。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2010/04/03)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索