大理(ターリー)グルメ・料理ガイド

大理(ターリー)グルメガイド

大理(ターリー)のグルメ・伝統料理

大理はかつて大理国を築いた少数民族・ペー族が多く住む町。そのため素焼きの土鍋を使うことが特徴のペー族の伝統料理が名物となっている。また、町はジ海という大きな湖に面しているので、そこで獲れる魚を使った食事も大理グルメとして知られている。代表的なものは、土鍋の中に魚と野菜、肉を入れて煮込んだ沙鍋魚。また、ジ海周辺では牛が多く飼育されており、その乳を煮たときにできる膜を干して作った、チーズの一種である乳扇も大理名物だ。(2015年編集部調べ)


大理(ターリー)のレストラン・屋台

大理観光の中心は大理古城で、この場所にはレストランだけでなくカフェやバーなどが多く便利。また、乳扇などの軽食を道端で売る屋台もある。ただしどこも値段は少し高め。レストランは雲南料理店やペー族料理店などのほか、四川料理店や日本料理店などもある。大理古城周辺では、店の前の地面いっぱいに野菜や魚介類が入った洗面器が並ぶ食堂もよく見かける。こうした店では好きな食材を選ぶと炒めてもらえる。このほか、ジ海のほとりでは湖の魚料理専門のレストランが見つかる。

大理(ターリー)の水・お酒

中国の水道水は硬水なので、煮沸して飲むかペットボトル入りのミネラルウォーターを購入する。ミネラルウォーターは町なかの商店やスーパー、駅の売店などどこでも売られている。また、ビールは大理ビールがポピュラーだ。そのほかの飲み物としては、ペー族の三道茶が有名。これはペー族が人をもてなす際に出す伝統茶で、1杯目は苦味のあるものを、2杯目は甘いものを、3杯目は苦味と甘さが混じったお茶を振る舞うもの。これらの味は人生の苦しみや喜びを表しているという。


現地ガイド発!大理(ターリー)のグルメ・料理最新情報

2016/01/05 グルメ

食べられないと言うより怖い・・・。中国の大理とベトナムのハノイで見つけた料理

大理(ターリー)旅行イメージ-ティット・カンは、酒のさかなのせいか、女性が食べている姿を見たことがありません ティット・カンは、酒のさかなのせいか、女性が食べている姿を見たことがありません

なんでも食べられると豪語している私ですが、それは、あくまでごく普通の食べ物です。虫食は絶対、無理。私が言う「何でも食べられる」には「ただし、虫以外」がつきます。東南アジアのタイは、虫食が多く、屋台で巨大なたがめや蛆虫のような白い虫が売られています。タイの屋台で虫を見るたびに、ぞ〜っとします。そう言えば、虫以外に、もう一つ食べられないものがありました。生の肉や血です。これは、見た目の恐怖とか気持ち悪くて食べられない虫食と違って、感染症などの病気が怖いというのが理由です。続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


大理(ターリー)グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる大理(ターリー)の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
大理(ターリー)のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!