新疆ウイグル自治区で日本人がはまる麺とは?

新疆ウイグル自治区に行った日本人がもう1度食べたい味と言えば、ラグメンがナンバー1です。ラグメンは新疆ウイグル自治区に住む少数民族のウイグル族の伝統料理でもあり、おふくろの味でもあり、新疆で一番有名な麺です。白菜、ピーマン、トマトを羊肉と一緒に炒め煮してソースを作り、手打ち麺にかけたものがラグメンです。トマトの赤がおいしそうで、どこかパスタっぽくもあります。中国語にすると「拉麺(ラーミェン)」とも「拌麺(バンミェン)」とも呼ばれています。小麦粉生地を、「拉(ひっぱる)」して作るので、拉麺です。また、「拌(混ぜる)」して食べるので、拌麺と呼ぶのも納得です。

日本人もはまった新疆のラーメン! 「ラグメン」は定番ばかりじゃない! 日本人もはまった新疆のラーメン! 「ラグメン」は定番ばかりじゃない!

日本人に人気のラグメンは定番だった!

新疆ウイグル自治区は、中国の一番西側にあり、西安からローマまで続くシルクロードの一部分です。ラグメンは中央アジアのキルギスやウズベキスタンでも食べられています。ラグメンって、まさにシルクロードで一番有名な麺なんですね。新疆ウイグル自治区でラグメンと言えば、白菜、トマト、ピーマン、時にはじゃがいもなどが入っている定番が中心です。あまりにも定番が有名すぎて、外国人には他のラグメンはないように思われています。実は、ラグメンって他にもいろいろあるのです。

ラグメンは家庭料理だから、決まりはない!

定番以外のラグメンなら、ラグメンを出す専門食堂のようなところに行くのがおすすめです。過油肉、油菜、韮菜、四季豆などなど、様々なラグメンが揃っています。過油肉と言えば、多めの羊肉と白菜などの野菜が入ったものです。他のラグメンより肉が多いので、値段は高めです。油菜はアブラナや青梗菜入りのラグメンです。韮菜(ニラ)入りは好みが分かれそうな味です。私のおすすめは四季豆。コリコリした食感がおいしい三度豆入りのラグメンです。ラグメンはもともと家庭料理なので、使う具にこれと言った決まりはないそうです。季節の野菜なら何を使っても、オッケーなのです。

おすすめのラグメン店は誰が知っている?

ウイグル族は、少なくとも1日1回はラグメンを食べます。1回も食べない日があると、その日は何か忘れ物をした気分になるそうです。ラグメンはウイグル族の生活の一部と言えそうです。おいしくて、種類が豊富なラグメンを食べられるお店探しは、外国人旅行者にはかなり難しいです。もちろん、ウイグル族に教えてもらうのが一番です。そんな時はウイグル族のタクシーの運転手さんに聞くと、すぐ教えてもらえますよ。トルファンの老城東路にある人気ラグメン店「蘇来曼拌麺王」も大当たりでした!