シルクロードの夏と日本の夏

すっきり晴れわたった青空! ひんやり気持ちいい日陰、そしてバザールにあふれるフルーツ! 暑すぎず、かといって寒くもない。ちょうどいい季節に来てよかった! 中国の一番西の端、新疆ウイグル自治区は、西安からローマまで続くシルクロードの一部分です。中国のシルクロードと言える新疆ウイグル自治区は、年間を通して降水量が少なく、土地の多くを砂漠が占めています。乾燥しているので、シルクロードの夏は、日本のじっとり重い暑さの夏と違い、からっと過ごしやすいです。とは言ってもベストシーズンは、やっぱりあるのです。

ハミ瓜や西瓜と比べると、お値段は高めなのに、飛ぶように売れていくいちじく ハミ瓜や西瓜と比べると、お値段は高めなのに、飛ぶように売れていくいちじく

日本人に人気が高いトルファンの夏

新疆ウイグル自治区は、11月の後半ともなると気温が零下になる日が出現します。観光客が少ない冬のシルクロードも意外といいものですが、旅行シーズンと言えば、ゴールデンウイークあたりから10月上旬です。新疆東部のトルファンは、少数民族のウイグル族が多く住み、日本人にも人気が高い都市です。夏になると、ツアーや個人で多くの日本人が訪れますが、なにしろ暑い! 盆地なので暑さが突出しています。6〜8月の最高気温は、38〜40度です。太陽の光が強すぎて、日中は町が白く感じられるほどです。地元の人は、家の中で休んでいるので人通りも少なくなります。それが9月になると、一気に過ごしやすくなります。

新疆ウイグル自治区のフルーツいろいろ

トルファンだけでなく、新疆ウイグル自治区の西部に位置するカシュガルも9月になると、秋の気配が漂ってきます。暑いのに日陰に入るとひんやり涼しく、1年を通して最もすごしやすい季節になります。それでも風景はまだまだ夏です。緑豊かなオアシスの町の雰囲気が楽しめ、さらにバザールには、多くの果物が並んでいます。ねっとりしたオレンジ色の果肉のハミ瓜、ラグビーボール型のスイカ、黄緑色のぶどうなどなど。そして日本のものとは違い、黄色い果肉のいちじくが出回っています。

新疆ウイグル自治区の特産のいちじくにびっくり!

皮が薄く、とろけるように甘いいちじくは、新疆ウイグル自治区の特産です。上からギュッとおさえた黄色い果肉を緑の葉っぱにのせて食べます。この甘いいちじくは、男女を問わず、ウイグル族の好物と言ってもいい果物です。このいちじくを旅行者も楽しめるのは、9月までです。新疆ウイグル自治区の9月は、まさにベストシーズンです。海外旅行で中国のシルクロードに行くのなら、休みが取りやすい8月に企画するのはちょって待って! 9月がいいですよ!