ロケ地巡りはいまは旅の目的のひとつ!

旅の目的がドラマや映画のロケ地訪問という人がいます。そこまで気合が入っていなくても、行った場所のそばに見たことがある映画のロケ地があれば、ついでに行きたくなる人もいます。映画やドラマのロケ地なった場所は風光明媚な場所が多く、私はついで派ですが、行ってよかったと思うことがほとんどです。上海から高速列車で約2.5時間ほどの安徽省は美しい古鎮が多いことで知られています。明清代の古民家が残る古鎮は黄山に近い黟(イ)県と歙(キュウ)県に集まっています。

中国映画、ドラマのロケ地村、安徽省の古鎮巡り 中国映画、ドラマのロケ地村、安徽省の古鎮巡り

黄山周辺にあるロケ地村で撮影した世界的大ヒット映画は?

黟県には宏村、西逓、南屏と3つの有名な古鎮があります。なかでも宏村と西逓は世界文化遺産としても登録されています。宏村は池と水路が巧みにはりめぐらされた村です。池に映る白壁の古民家が美しいことで知られています。村の中心部にある池を見ると、思い出しませんか?ここは2000年に公開された「グリーンディスティニー」の始まりのシーンを撮影したところです。中国では「臥虎蔵龍」というタイトルで公開されたこの映画は世界中で大ヒットしました。宏村を訪れる中国人は必ずこの池で記念撮影をします。

「中国南方のロケ地村」と呼ばれる古鎮に行ってきました!

世界文化遺産にはなっていませんが、南屏は明清代の建築物が約300軒も残っている村です。宏村に比べて観光客の少ない南屏は静かで、村そのものが古民家博物館のような雰囲気です。ここは「中国南方のロケ地村」とも呼ばれています。張芸謀監督の「菊豆」はここで撮影されました。また、「グリーンディスティニー」で強烈な印象を残したチャン・ツイイーとミッシェル・ヨーの格闘シーンも南屏の宗廟で撮ったものです。そのほかにも数多くの日本未公開の中国ドラマがここで撮影されました。

バスで行く?タクシーも使う?イ県古鎮巡り

宏村、西逓、南屏には黄山観光の起点になる屯渓からのバスでまわることができます。南屏の古鎮の真ん前まで行くバスは少ないので、タクシーか村の乗り合い三輪車を利用したほうがうまく回れます。黟県の3つの古鎮には古代建築の大きな流派をなす徽派の民居が集まっています。黟県の古鎮の美しい景色は、徽派建築と水路と池が一緒になって生まれたものです。水に映る神秘的な風景も楽しんでくださいね!