シルクロードのバザールで出会う大きな布包みを持った謎のおばさん

中国の西の端っこ、新疆ウイグル自治区は少数民族のウイグル族が多く住んでいる地方です。茶色の髪に茶色や緑色の瞳をしたウイグル族や大きなモスクを見ていると、「中国なのに中国じゃない」と思ってしまいます。新疆ウイグル自治区は大都会のウルムチを除けば、シルクロードのオアシスのような素朴な町がほとんどです。シルクロードでは市場のことをバザールと言います。日用品から家畜まで、何でもそろうバザールはウイグル族の生活の中心です。このバザールに行くと、どの町でも布で包んだ大きな荷物を持っているおばさん集団に会います。このおばさん集団の仕事はなんだと思いますか?

シルクロードの路上で食べたい手づくりヨーグルト! シルクロードの路上で食べたい手づくりヨーグルト!

気になる大きな布包みの中身とは?

バザールの近所に住む主婦が立ち話をしているのではありません。朝から晩まで、同じ場所にいるのだから、もちろん商売をしています。おばさんたちの大きな布包みの中身は、手作りヨーグルトです。ヨーグルト売りはバザールに近い農村の主婦のアルバイトです。農家で飼っている牛の牛乳で作ったヨーグルトを売っています。朝、近郊の村からバスやロバ車に乗って、バザールに出勤してきます。バザールの中で売ると、高い場所代をとられます。そのため、バザールに近い道路の端っこがおばさんたちが商売する場所です。

手作りヨーグルトを食べてみました!

どんぶり入りヨーグルトを板の上に並べ、その上に板をのせ、さらにヨーグルトをのせ、3段にも4段にもして、売っています。どんぶりに板を乗せているだけなので、ほこりが入らないように大きな布で包んでいます。手作りヨーグルトのお味は、かなり酸っぱめです。かたさは硬すぎず、柔らかすぎずです。スーパーで売られているヨーグルトと違い、まろやかさに欠ける分、手作り感があります。おばさんによって、味や食感が異なるのも手作りの証拠です。

手作りヨーグルトとクリームチーズの楽しみ方

気がきいたおばさんなら、ざらめを持っています。ヨーグルトにかけて、その場で食べるという手もあります。朝いちなら、しぼりたての牛乳や、運がよければ、クリームチーズも買えます。手作りのクリームチーズをバザールで買ったナンにつけて食べると、本当においしいですね。残念ながら、クリームチーズを持ったおばさんは少ないので、なかなか食べられないのですが。もし、クリームチーズが手に入ったら、バザールのナンを買って、スーパーで売っている新疆産の赤ワインと一緒に楽しんでみるなんて、いかがですか? もっとお手軽に、手作りヨーグルトにバザールで買ったハミ瓜や干しぶどうを入れて食べるのも、おすすめです。