新疆で初めて見るシルクロードらしくない景色

神秘的なエメラルドグリーンの湖、湖のほとりに広がる森、こんなに水も緑も豊かなシルクロードがあるのだなあとびっくりしました。ここは新疆ウイグル自治区の最北部、咯納斯(カナス)湖です。中国の一番、西にある新疆ウイグル自治区は、西安からローマまで続くシルクロードの一部分です。日本人旅行者も多いトルファン、クチャ、カシュガルは、天山山脈の南部にオアシスの町です。どの町も水に恵まれた場所ですが、やはり乾いた風景が広がっています。カナス湖周辺は天山南路にあるどの町よりも緑と水が豊かです。

写真愛好家に人気の紅葉スポット! シルクロードっぽくないカナス湖に行こう! 写真愛好家に人気の紅葉スポット! シルクロードっぽくないカナス湖に行こう!

カナス湖はどこにある?

カナス湖は、新疆の最北部にある都市、アルタイより約270キロも北にあります。カナス湖から、さらに北に進めば、そこはもうロシアです。カナス湖の風景はシルクロードいうよりもロシアに近いのでしょう。カナス湖は、紅葉を鑑賞する場所として知られています。9月下旬、紅葉が始まると、写真愛好家たちが、中国全土からカナス湖に押し寄せます。カナス湖にはモンゴル語で「美しい神秘の地」という意味があり、周辺はカナス自然景観保護区に指定されています。

カナス自然景観風景区のおすすめスポット

カナス湖は、約200万年前の氷河の浸食によって造られたフィヨルド湖です。ゆがんだひし形の大きな湖には遊覧ボートが出ていて、乗ることができます。湖から見える小さな山は木々で覆われ、なんとなくヨーロッパの風景を見ているようです。季節や天候だけでなく、時間や場所によっても微妙に色が変わるエメラルドグリーンの湖は、神秘的で目が釘付けになるような美しさです。このカナス自然景観保護区は5588平方キロメートルと広大なので、中はバスで移動します。保護区の中で美しいと言われている禾木(フームー)に行ってみましょう。

日本の冬よりずっと寒いカナスの秋

水と緑に恵まれた禾木には、小さな集落があります。傾斜のきつい丸太屋根の小屋は、シルクロードでは珍しく、どうしてもここがシルクロードには思えません。少しずつ黄色く色づき始めた林と澄みきった小川の周辺を散策していると、冷えてきました。9月半ばの昼間だと言うのに、日本の12月と同じぐらい寒いです。この寒さがロシア国境に近いカナスに、もうすぐ紅葉を連れてきます。カナス湖への行き方は新疆ウイグル自治区の省都、ウルムチから旅行会社のツアーに入るのが一番便利です。2泊3日、3泊4日のプランがありますが、ウルムチからカナス湖までかなり距離があるので、3泊4日がおすすめです。