今、新疆で人気がある景勝地

緑豊かな森に囲まれた大きな湖って、日本で知られているシルクロードのイメージとは少し違います。でも、ここが最近、新疆ウイグル自治区では人気が高い景勝地です。新疆ウイグル自治区は、中国の一番西にあります。国境を越えるとキルギス、カザフスタンなど、もう中央アジアです。新疆ウイグル自治区は、西安からローマまで続くシルクロードに位置しています。シルクロードにあこがれる日本人旅行者も多い地域です。そんな日本でイメージされるシルクロードは、乾ききった砂漠や砂漠の中に点在するオアシスではないでしょうか。そうすると、今、新疆で人気の景勝地とは、ちょっと違いますよね。

全くシルクロードらしくないカナス湖の月亮湾。それでもあまりの美しさに感動! 全くシルクロードらしくないカナス湖の月亮湾。それでもあまりの美しさに感動!

ロシアに近いカナス湖って、どんなところ?

新疆ウイグル自治区の最北部、ロシア国境に近いところにその景勝地はあります。「咯納斯湖(カナスフー)」は、今、新疆の旅行シーズンにあたる7、8月ならウルムチから毎日ツアーが出るような人気景勝地です。カナス湖とは、モンゴル語で「美しい神秘の地」という意味です。200万年前の氷河の浸食によってできたと言われるカナス湖は、季節や天候によって、色が変わって見えます。目が痛くなるほど鮮やかなエメラルドグリーンや深い青色の湖は、言葉もでない美しさです。

カナス湖からぜひ、行きたい美しい村

湖の周辺は、約5588平方キロメートルの自然保護区になっています。保護区内の移動は、バスです。カナス湖を遊覧船に乗って観光するのは、もちろんですが、できれば「禾木(フームー)」に行ってみませんか? ここは中国全土から写真愛好家たちが訪れるほど美しい村です。中国政府から少数民族の認定を受けていないトワ人が住む村で、丸太で作った家や小川と林が一帯となった景色が見られます。シルクロードと言うより、ロシア国境に近いせいか、夏のシベリアに来ているような感じです。

ウルムチ発カナス湖ツアー3泊4日の旅

カナス湖への行き方は、省都のウルムチからツアーで行くのが一番です。ウルムチからカナス湖まで、862キロ! とにかく遠いので1日目の夕方、カナス湖から187キロの布爾津(ブルチュン)に到着。翌日は、まるまるカナス湖観光になります。この日、パオに泊まるかホテルに泊まるかによってツアー代金が変わってきます。新疆最北部だけあって、夏でも夜はかなり冷えます。おすすめは、やはりホテルです。3日目は布爾津に戻り、4日は魔鬼城と呼ばれる砂漠を観光し、ウルムチに帰ります。日本から行く場合、まずは北京か上海に飛び、国内線に乗り換え、ウルムチまで約4時間。ウルムチ到着までにひと苦労です。まとまった休みがとれる夏休みだからこそカナス湖まで足を伸ばしてみませんか! 思い描いていたのとは異なるシルクロードを体験できますよ!