page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
たびナレ 旅に行きたくなる!海外旅行に役立つナレッジ満載
RSS

役立つ海外旅行ナレッジ

中国版新幹線の高鉄を利用して、シルクロードに行ってみよう!


掲載日:2020/11/12 テーマ:鉄道 行き先: 中国 / ウルムチ

タグ: 一度は見たい 一度は行きたい 新幹線 鉄道 歴史


初めてのシルクロードで感動!

中国とは思えない新疆ウイグル自治区のウイグル族の世界。写真は和田バザール 中国とは思えない新疆ウイグル自治区のウイグル族の世界。写真は和田バザール

初めて見るモスク、初めて行ったバザール、中国なのに通りを行きかう人々は、茶色の髪に緑や茶色の瞳をしているという不思議さ。90年代、初めて新疆ウイグル自治区のトルファンに行った時の衝撃は今でも忘れられません。ここは中国じゃない! シルクロードは、陝西省西安から始まり、ローマまで続く交易路です。中国の最も西に位置する新疆ウイグル自治区は、漢民族よりも少数民族のウイグル族が多く住んでいます。中国では一番シルクロードらしい文化が体験できます。90年代は、新疆ウイグル自治区のウルムチまでは上海や北京から3泊4日かかりました。それだけに到着した時の喜びもひとしお。現在は飛行機で行けば、約3時間半で到着ですが、鉄道旅行なら、シルクロードらしい景色に変わっていく風景をまじかに楽しむことができますよ。

北京から西安までは、高鉄? それとも直達で行く?

蘭州発の動車の中。在来線を走る長距離列車は、「臥鋪」という寝台車があるが、高鉄や動車には、基本的に寝台車はない 蘭州発の動車の中。在来線を走る長距離列車は、「臥鋪」という寝台車があるが、高鉄や動車には、基本的に寝台車はない

2020年9月末現在、北京からウルムチまでは、列車番号がZで始まる直達(特急より速い)列車で約30〜37時間です。90年代には3泊4日もかかっていたことを思えば、これでも十分短縮されました。こんなのんびりした鉄道旅行も素敵ですが、もう少し早く着きたい旅行者もいるはず。そんな人には北京から西安は、中国版新幹線の「高鉄(ガオティエ)」の利用がおすすめ。北京から西安までが約5〜6時間! 直達の列車なら約12時間かかるので、所要時間が半分に節約できました。しかもシルクロードらしい乾いた景色が広がっていくのは、西安より西側です。シルクロードの風景を見逃すこともないので北京から西安間を高鉄にするのは、ありです。

時間をとことん節約して、シルクロードの風景を楽しむには?

蘭州中心部から見えるヤオトン。ヤオトンは山の斜面を利用して建てられた伝統家屋。蘭州のような都会でも黄土高原の世界が見られる 蘭州中心部から見えるヤオトン。ヤオトンは山の斜面を利用して建てられた伝統家屋。蘭州のような都会でも黄土高原の世界が見られる

陝西省西安は、シルクロードの出発点です。北京から西安にたどり着いても、旅はまだこれから。西安からウルムチは、直達列車で約24時間、特快(特急)なら約28時間かかります。北京からの所要時間をもっと短縮したい旅行者は、北京から西安ではなく、蘭州行きの高鉄に乗るのがおすすめ。本数が多い西安行きと比べると、1日にたった2本ですが、6時27分発に乗れば、所要約7時間、10時45分発なら、所要約9時間で蘭州まで行くことができます。甘粛省の省都である蘭州までくれば、もうシルクロードの世界にしっかり入っています。大都会の蘭州を抜けると、樹木が少ない乾いた景色が広がり、列車は黄土高原をつきぬけていきます。

蘭州からウルムチに行くには、どれが速い?

中国の高速鉄道は、在来線と駅が分かれている。蘭州西駅は、高速鉄道専用駅。蘭州駅からバスで約1時間かかる 中国の高速鉄道は、在来線と駅が分かれている。蘭州西駅は、高速鉄道専用駅。蘭州駅からバスで約1時間かかる

蘭州から終点のウルムチまでは、直達、特快ともに約18時間、快速なら約23時間かかります。蘭州からは高鉄に次ぐ速さの動車が1日に3本あります。この動車に乗ると、約12時間でウルムチに到着です。ただ、北京から高鉄で蘭州に行ったとしても、3本とも当日乗り継ぎができません。翌日に乗るしかないですが、所要時間を節約できます。北京からウルムチまでは、時間に余裕さえあれば、面倒くさい乗り換えがない乗りっぱなしが楽。時間はないけれど、鉄道で行きたい人は、高鉄や動車を利用して、乗り継ぎがおすすめ。北京からウルムチの旅は、自分でいろんなプランを組み立てられるのが魅力。ウルムチまで鉄道で行きたい人は、高鉄をうまく利用して、自分にぴったりのプランを考えてみませんか!

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2020/11/12)

※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索