無錫(ウーシー)旅行・無錫(ウーシー)観光徹底ガイド

無錫(ウーシー)旅行・無錫(ウーシー)観光徹底ガイド

無錫(ウーシー)旅行・観光の見どころ・観光情報

長江下流の平野部に位置する無錫は、人口約470万人の都市。周囲を運河に囲まれた無錫は、古くより物流の拠点として栄えてきた。その要である京杭大運河は、北京と杭州を結ぶ運河で、町の中心部を流れている。2014年には「大運河」で世界遺産に登録され、その一部分である「清名橋歴史街区」は、無錫を代表する観光地のひとつだ。中には、中国絲業博物館や古窯群遺趾博物館もあり、運河を遊覧することもできる。中国で4番目に大きいとされる太湖や京杭大運河の北部南岸に位置する恵山古鎮もおすすめ。(2016年9月編集部調べ)

無錫(ウーシー)へ行くツアーを見る

言語 通貨 レート(2017/07/25現在) フライト時間 現地との時差
中国語 CNY 1 CNY = 16.5001 JPY 約3.5時間 約-1時間

無錫(ウーシー)の人気問合せ情報

無錫(ウーシー)の最安値カレンダー

無錫(ウーシー)旅行・観光の選び方

無錫は、太湖と大運河観光が楽しめる水郷都市!  上海、蘇州とセットのツアーで

無錫ツアーは、上海、蘇州とセットになっているものが多い。ツアー期間は4日間のものが平均的。観光の中心となるのは、世界遺産の大運河と太湖だ。琵琶湖の3倍の大きさがある太湖の遊覧が含まれているツアーが多い。また、太湖は、淡水パールの養殖が盛んなところ。淡水パールの工場見学もツアーに含まれているので、安価で淡水パールを買うこともできる。食事は、あっさりしているがやや甘いと言われる無錫料理が楽しめる。名物のスペアリブの甘辛煮の「無錫排骨」は、日本人にも好まれる味。お土産には、特産の泥人形がおすすめ。(2016年9月編集部調べ)


無錫(ウーシー)のグルメ・伝統料理

国際都市上海から列車で約1時間半ほどで到着する無錫は、魚と米の恵み豊かな水郷である。無錫には江蘇省と浙江省にまたがる太湖という湖があり、水産物の伝統料理も数多くある。特に現地で銀魚と呼ばれるシラウオは、春がシーズンで町のいたるところで食事を楽しむことができるイチオシのグルメだ。また魚料理だけでなく、豚の骨付き肉を甘辛く煮込んだ無錫排骨は無錫を代表する郷土料理で、お土産としても人気が高い。(2015年編集部調べ)

無錫(ウーシー)のショッピング情報

無錫の名産といえば、恵山泥人形だ。この工芸品は泥で作られた人形で、400年以上もの歴史を持つ。丸みをおびた形と、美しい色彩が特徴で、お土産としても人気が高い。また、無錫には江蘇省と浙江省の境界に太湖という湖があり、淡水パールが有名。淡水パールだけを扱う専門店もあり、じっくり買い物ができる。また多くのパール専門店には真珠を使った化粧品なども取りそろえてあり、充実したショッピングが楽しめる。注目のショッピングエリアは南禅寺周辺。お土産のほか、様々な商品を取り扱う店舗が軒を連ねている。(2015年編集部調べ)

無錫(ウーシー)の気温・降水量ベストシーズン情報

夏と冬の気温差が激しい。街中が梅やツツジ・白木蓮などが咲き乱れる春と、蟹などがおいしくなる秋がベストシーズン。夏は気温が高く蒸し暑い天気が続くので、暑さと雨対策を考えた服装を心がけたい。11月くらいからは冷え込みが厳しくなる。(2015年編集部調べ)

無錫(ウーシー)のオススメツアー

無錫(ウーシー)旅行・無錫(ウーシー)観光徹底ガイド

ご希望にあうツアーがございませんでした。
申し訳ございませんが、検索条件をゆるめて再度検索を行ってください。

戻る


ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


page top