page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD

西安グルメガイド

西安のグルメ・伝統料理

中国の内陸に位置する西安は、かつてシルクロードの発着地として栄えた。様々な民族が行きかった国際都市・西安の料理はイスラム料理や四川料理の影響が非常に大きい。そのため四川料理の特徴である唐辛子、またイスラム料理の特徴である羊肉、牛肉を使用した伝統料理が多い。餃子や羊肉泡摸など小麦粉を使った料理も有名で、長く庶民に愛される絶品グルメだ。刀削麺は味はもちろん、そのパフォーマンスにも注目したい。西安でしか味わえない特色ある食事が街のいたるところで楽しめる。(2015年編集部調べ)


西安のレストラン・屋台

西安料理は、中国国内の料理の中でも個性が強い。特に羊肉を使ったものは、肉自体に独特の香りがあるため、それを和らげるにんにくの漬物や唐辛子などを一緒に食べる料理や、香辛料をきかせたメニューが多い。固めのパンを細かくちぎり特製のスープをかけ食べる羊肉泡摸は大きなレストランや路上の小さな屋台など様々な店で食べられる名物料理。パンにうまみたっぷりのスープが染み込んだ、とても美味しい郷土料理だ。また色々な種類の餃子が食べられる餃子宴は見た目も華やかで味も絶品。観光客にも人気が高い。

西安の水・お酒

西安の水事情は決して良好ではない。水道水はもちろん、体の弱い方は街で売られているミネラルウォーターでも体調を崩す場合がある。お腹の弱い方や子どもを連れた方はできるだけ日本から水やお茶などの飲み物を持参することが望ましい。お酒は西鳳酒と呼ばれる白酒が有名。アルコール度数が50度を超すものが多く、飲み過ぎには十分注意が必要だ。西安には地ビールがいくつか販売されており、2〜3元(約30円)と手頃な価格で購入可能だ。


現地ガイド発!西安のグルメ・料理最新情報

2018/08/09 グルメ

西安名物の「羊肉泡モー」は、どっちが美味しい? 「老孫家」VS「老米家」

西安旅行イメージ-回民街の西羊市街にある「老孫家」のご主人。いつも大声をはりあげて、店の前で羊肉泡モーを作っている。この老板が表に出ていると、お客のいりがいい。老孫家本店(碑林区長楽門外東関正街78号) 回民街の西羊市街にある「老孫家」のご主人。いつも大声をはりあげて、店の前で羊肉泡モーを作っている。この老板が表に出ていると、お客のいりがいい。老孫家本店(碑林区長楽門外東関正街78号)

旅行者に有名なお店と地元の人が行くお店が違うってことは、よくあること。中国の古都、西安では、特にそれが顕著です。2018年5月、中国のニュースサイト「今日頭条」に「西安のとある百年老店、旅行者は食べに行くけれど、地元の人は、いまだかつて行ったことがない」と言うタイトルの記事が載っていました。タイトルを読んだだけで、どのお店の話かピンと来ました。「百年老店」とは、「100年の歴史がある老舗」のことです。西安の名物を出すレストランで「百年老店」と言えば、「老孫家」です。ただ、老孫家は、この記事の通り地元の人の評判はいまいち。私は、老孫家に2回行ったことがあります。本店と支店で食べましたが、2回とも…続きを見る



ソーシャルメディアアカウント

  • twitter

  • facebook


西安グルメ・料理の情報が満載の徹底ガイド。在住ガイドによる西安の伝統料理や食事のマナーなど情報が満載。
西安のグルメ・料理なら、日本最大級のリクルートの海外旅行・海外ツアー検索サイトエイビーロードで!