大陸で中国茶を買うのが意外と難しい訳

中国茶の本場、大陸で「中国茶を思う存分買いたい!」という中国茶好きの旅行者はたくさんいます。しかし、大陸では中国茶はそろっているのに、実際に買うのは意外と難しいです。特に台湾のように試飲して、気に入ったお茶をじっくり選ぶという買い方に慣れた人にはあわないかもしれません。大陸で大きく展開している老舗お茶屋さんでは試飲ができないところがほとんどです。大小のお茶屋さんが何十軒と集まっている「茶城」はセールスが強引すぎて、なかなか希望のお茶を買えません。こんな大陸でハズレが少なく、お手頃価格で、しかも美容にいいお茶を買ってみませんか?

見た目もきれいで美容にも効果がある、中国の回族の甘いお茶 見た目もきれいで美容にも効果がある、中国の回族の甘いお茶

イスラム教徒が飲む甘くてフルーティなお茶

そのお茶は「三泡台(サンパオタイ)」とも「蓋碗茶(ガイワンチャ)」、「八宝茶(バーバオチャ)」とも呼ばれています。氷砂糖、干したナツメ、クコの実、干しぶどうなどを茶葉と一緒にいれて飲む甘いお茶です。お湯をつぎ足して何度も飲め、1杯目より砂糖が溶けた2,3杯目がおいしく飲めます。この三泡台は唐代の全盛期に生まれたと言われています。その後、明清代に中国の西北部に広まり、西北部に多いイスラム教徒の回族が好んで飲むようになりました。今では三泡台の本場は西北部の甘粛省や陝西省です。

入っているドライフルーツで決まる三泡台の効果?

三泡台の飲み方はふたがある茶椀に茶葉、氷砂糖、竜眼、クコの実、干しぶどう、バラなどが入った袋をあけていれ、熱湯をそそぐだけです。蓋をして蒸らしている間に、緑の茶葉が開き、赤いクコの実や茶色の竜眼が色鮮やかになります。見た目も美しく、熱湯で砂糖が溶け出し、甘い味がします。中に入っている竜眼は睡眠不足の解消に効き、干しぶどうはカルシウムや鉄分を補います。ナツメには免疫力を高め、貧血を防ぐ効果があります。バラは月経不順や美容にもいいとされています。

三泡台を買うならどこがおすすめ

三泡台はスーパーでも買えるほどポピュラーなお茶です。買うのならお茶屋さんがおすすめです。茶葉が良い分、スーパーのものより断然、おいしいです。三泡台は一袋か一箱に小袋が6〜8袋入っています。日本円で500円もしないものがほとんどです。これぐらいなら失敗を気にせず、気軽に買えますよね。おいしくて美容や健康にもいい三泡台でほっと一息、くつろぎタイムなんていかがですか?