めっちゃ重い甘さだから渋い飲み物とあうかも!

サクサクと食感は軽いのに、めっちゃ重い甘さです。たくさんは食べられませんが、少しなら深みがある甘さで本当においしい。渋めの緑茶ともあいそうですが、ブラックのコーヒーと一緒に味わうとすごくあうのでは? これは中国の真ん中よりやや東、陝西省の古都、西安で見つけたイスラムのお菓子です。ラテのような色をしたかまぼこ型の「花生酥(ホアションスー)」と「胡桃酥(フーダオスー。核桃酥というところもあります)」です。どちらも見た目はそっくりですが、花生酥はピーナッツ、胡(核)桃酥はクルミで作ったものです。

どちらも飴で固めたものだけれど、胡桃酥のほうが壊れやすいので、お土産用には、壊れにくい花生酥がオススメ どちらも飴で固めたものだけれど、胡桃酥のほうが壊れやすいので、お土産用には、壊れにくい花生酥がオススメ

西安のムスリムストリートとは、どんなところ?

西安は、ローマまで続くシルクロードの始まりの町です。西安より西部は、イスラム教を信仰する人が多いイスラム世界です。西安にもこのイスラム教を信仰する回族が多く住んでいます。西安の回族が住む地区は、中心部の鐘楼の西北部一帯です。「回民街」はムスリムストリートと呼ばれ、世界遺産の兵馬俑博物館の次に観光客が多いところと言ってもいいぐらいです。と、いうのも回民街は、お土産も買えますが、美食街です。お手軽な食堂や屋台が並び、目の前で名物料理が作られ、その場で食べられるお手軽さが受けています。「花生酥」と「胡桃酥」もここで売られています。

回族街のメインストリート「北院街」は、いつも観光客でいっぱい 回族街のメインストリート「北院街」は、いつも観光客でいっぱい

歩きながら食べる西安で人気ナンバー1のお菓子

回族街には、小さくちぎった素焼きのパンを羊肉のスープに入れて煮てたべる「羊肉泡(食へんに莫)莫(ヤンロウパオモー)」のような主食から「黄桂柿子餅(ホワングイシーズビン)」のようなお菓子まで、全部そろっています。イスラム教徒の回族は、宗教上の理由からお酒を飲みません。そのかわり男女ともに甘い物好きです。黄桂柿子餅は、柿のペーストを混ぜ込んだ小麦粉生地を油で揚げるように焼いたものです。モチモチした食感で中には黒糖やレーズンが入っていて、本当においしい。これは歩きながら食べるお菓子ですが、お土産用のお菓子なら「花生酥」と「胡桃酥」が断然、人気があります。

黄桂柿子餅は、1個2元(約32円)。回族街では、一番、人気がある甘いもの 黄桂柿子餅は、1個2元(約32円)。回族街では、一番、人気がある甘いもの

大量に食べると太りそう。少量を食べるのがおすすめ!

花生酥も胡桃酥も砕いたピーナッツや胡桃をまぜこんだ飴を固めたものです。かじると、飴の生地が裂けるように、サクッと割れます。長さ12,3センチ、幅3センチ程度に固めた棒が8本ぐらい入った包みで売られています。棒には、約4センチごとに筋が入っており、そこで割りやすいようになっていますが、4センチ分を一気に食べるなんて、絶対、無理。でもコクがあって、おいしい甘さなので嫌いにはならない。濃い日本茶かブラックのコーヒーと一緒に少しずつ味わいたい、そんなお菓子です。回族街の屋台で売られているので、試食をしてから、買ってみて下さいね!