西安の新しい楽しみ方は意外な組み合わせ!

陝西省の古都、西安と聞けば、兵馬俑、唐の都、シルクロードの起点などなど、歴史の町のイメージです。それだけに西安の市街地や近郊には名所旧跡が集まっています。たくさんありすぎるので西安駅前から出発する近郊の観光地をまわるツアーバスは東線、西線と分かれているほどです。こんな古都西安の新しい楽しみ方は「餃子を食べて、ゴージャスな美女が登場するショーを見る!」です。「餃子なんて、中国のどこに行っても、あるじゃない?どうして、わざわざ西安で食べなきゃだめなのよ!」と思う人もいるでしょう。

西安で餃子を食べて極上エンターテーメントを楽しむ! 西安で餃子を食べて極上エンターテーメントを楽しむ!

中国の家庭料理が新しい西安の楽しみ方?

西安の餃子のどこが違うかと言えば、普通の餃子ではなくて「餃子宴」なんです。金魚やにわとりなど、めずらしい形の餃子だけではなく、セロリやレンコンいりの餃子、甘い餃子など様々な餃子を食べられます。食べるのがもったいないぐらいかわいい餃子が20種類近くも出てきます。西安の餃子宴の歴史はわずか50年ほどなのですが、しっかり西安名物として定着しました。餃子宴だけなら、西安中心部の鐘楼に近い「徳発長」レストランや餃子宴を始めた「解放路餃子館」が有名です。しかし、餃子宴をするのなら、西安でしか見られないエンターテーメントと一緒に楽しんでみたくないですか?

ゴージャスな美女が登場するショーにうっとり!

「陽光麗都大劇院」や「陝西歌舞大劇院」などの劇場ではショーと餃子宴の両方を楽しめます。私が見たのは唐の宮廷を思わせる舞台に玄宗皇帝と楊貴妃が登場するショーです。日本の宝塚歌劇団のように皇帝に扮するのも女性です。女官役の女性はゴージャスな美女ばかり。誰をとっても主役級の美しさです。当時はぽっちゃりした女性が美しいとされていたので楊貴妃役の女性は丸顔のスーパー美女でした。兵士の勇ましい舞、長い袖を操る女官たちのあでやかな舞などが繰り広げられます。春の川辺、朧月夜の宮廷、雪景色の庭園など幻想的なセットをバッグに、楊貴妃と玄宗皇帝の舞も見られます。

極上エンターテーメントを体験しよう

あまりの美しさにうっとりと、あっという間に1時間が過ぎていきました。ここから大宴会場に移動して餃子宴です。時間によっては先に餃子宴をして、後でショーを見ることもあります。欧米人観光客にも人気があるらしく、欧米人ばかりのテーブルもありました。私が参加したのは餃子宴とショーを別々に楽しむタイプでしたが、ショー見ながら餃子宴をするタイプもあります。チケットはホテルやユースホステル、旅行代理店で手配できます。餃子宴とショーで約6000円ほどです。昼は精力的に西安観光、夜は餃子宴と極上のエンターテーメントを楽しんでみませんか?