名所旧跡の宝庫、西安を効率よく観光する方法

シルクロードの出発点、陝西省の西安は、紀元前11世紀から紀元後10世紀初頭まで、前漢、西漢、唐など、13もの王朝の都になりました。それだけに市内はもちろん、郊外も名所旧跡の宝庫です。最大の見どころは1987年に世界文化遺産に登録された、秦始皇兵馬俑博物館です。約2000体あると言われる兵士や馬の形をした土偶は、紀元前に作られたものとは思えないほど精巧です。多くの名所旧跡の中でも、ここははずせません。他の名所旧跡とあわせて、自分のペースで、お得な値段で、効率よくまわろうと思ったら、あのバスを使うのが一番です。

公共の「游5」バスに乗って、西安の名所旧跡観光をすれぱお得! 公共の「游5」バスに乗って、西安の名所旧跡観光をすれぱお得!

西安駅前発、観光バスをうまく利用しよう!

あのバスとは、西安駅前の観光専用バス発着点から出発する観光バスのことです。「旅游車」と呼ばれる観光バスは、8路線あります。兵馬俑博物館が入っているのは「游5」路線です。「游5」は東線とも呼ばれ、西安郊外の東側にある主たる名所旧跡が入っています。楊貴妃と玄宗皇帝の物語で知られる「華清池」、項羽と劉邦が宴会を開いた「鴻門宴遺址」、東線ルートが見渡せる「驪山」などです。游5バスは、名所旧跡で停車します。入場料は自分で、それぞれの名所旧跡で買います。見たい名所旧跡でバスを降り、見学後、また、游5バスに乗って、次の目的地をめざします。

お得で便利な観光バスにも、ひとつだけ問題あり!

簡単に、主な名所旧跡を回れる旅游バスはおすすめなのですが、面倒くさい問題があります。駅前には、悪徳タクシーはもちろん、偽ものの観光バスや偽もののバスに乗せようとする客引きが、旅行者を待ち構えています。中国全土から観光客が押し寄せる西安だけに、偽ものの客ひきの数も相当なものです。ほんものの旅游バスには、客引きはいません。客引きにはついて行かず、お金を払わないようにしましょう。夏の旅行シーズンは游5の観光バスはお客が集まるのも早く、7、8割がた席が埋まると、次々と出発していきます。これなら、興味がある名所旧跡をのんびり見学しても、次のバスがすぐ来るので安心です。

私のペースで自由に観光できる「旅游5」バス

游5バスに乗って、まずは一番遠いけれど、西安観光のハイライトともいえる兵馬俑博物館と秦始皇帝陵を見学します。それから臨潼博物館、華清池、驪山と少しずつ、西安中心部に戻って来ます。もしくは西安駅に近い驪山と華清池から見学し、最後に兵馬俑博物館と秦始皇帝陵に行く方法もあります。見たいところを絞って、1〜3号坑まである兵馬俑博物館で半日を過ごすのもありです。なかなか、正直なタクシーに出会えない西安で、自分のペースで、観光できる「游5」バスは、とにかく利用価値大ですよ。