page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
中国・西寧(シーニン)・鉄道の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

青蔵鉄道でチベットへ


掲載日:2012/06/18 テーマ:鉄道 行き先: 中国 / 西寧(シーニン)

タグ: ひとり旅 一度は行きたい 鉄道


世界一標高の高いところを走る青蔵鉄道

険しい山の間を列車は抜けていきます。 険しい山の間を列車は抜けていきます。

青蔵鉄道は西寧とチベットのラサを結ぶ全長1956キロメートルの鉄道です。この鉄道のすごいところは最高地点がなんと標高5072メートルの場所を走ることです!車窓から見える景色はとにかく絶景のオンパレード。荒れ果てた荒野から始まり、険しい山々、真っ青な湖、真っ青な空、山々にかかっているタルチョというカラフルな旗、草原の上の羊やヤクの群れ、一面の雪景色、夕日に朝日。西寧からラサまで約24時間、次々と現れる壮大な景色を眺めることができます。

車内の設備について

硬臥席には枕や布団がついています。 硬臥席には枕や布団がついています。

標高5000メートルを超えるので、車内は高山病対策もばっちりです。車内は密閉構造となっており、航空機メーカーの技術を使って車内の酸素濃度を高めていたり、酸素吸引設備が各寝台に備えられています。また紫外線カット機能を持つ窓ガラスや、広々とした洗面台も設置されているので、快適に過ごせます。座席はTVモニターもついている4人部屋の軟らかいベッド席「軟臥」、6人部屋のベッド席「硬臥」、リクライニングのないイス席「硬座」の3種類あります。疲れを取るためにも横になれる「軟臥」か「硬臥」をおススメします。

車内の食事について

手前の料理は、爆葱羊肉という葱と羊の炒めた料理です。 手前の料理は、爆葱羊肉という葱と羊の炒めた料理です。

青蔵鉄道の楽しみの1つに、壮大な景色を見ながらの食事があります。列車内には食堂車があり、朝昼晩すべて本格的な中華が楽しめます。私たちになじみのある青椒肉絲(チンジャオロース)や麻婆豆腐(マーボードーフ)などがあり、一つの料理が300〜600円程度と値段も手ごろです。他に、ご飯どきに売り子さんがお弁当を販売に来てくれるのでこちらを利用するのもおススメです。朝昼版すべて違う種類のお弁当は一つ15元(約200円)から。また、車内はお湯が無料でもらえるので、持ち込んだカップラーメンを食べる人も多いです。

天空の街、ラサ

空の青さと宮殿の白と赤のコントラストに感動間違いなし。 空の青さと宮殿の白と赤のコントラストに感動間違いなし。

ラサは標高3650メートルの場所にあり、天空の街という名がふさわしい場所です。ラサに降り立つとまず空の青さに驚きます。またラサはいわずとしれたチベット仏教の聖地であり、ダライ・ラマの宮殿であるポタラ宮をはじめとして見どころたくさんの観光地でもあります。まずは世界遺産に登録されたジョカン寺とその周囲をぐるりと囲むバルコルと呼ばれる巡礼路を訪れ、チベットの雰囲気を味わってみてください。そしてダライ・ラマの夏の宮殿と呼ばれるノルブリンカ、若い僧侶達の問答修行を見ることのできるセラ・ゴンパも必見です。

関連情報

蘭州発西寧経由ラサ行きの列車 蘭州発西寧経由ラサ行きの列車

青蔵鉄道の切符を購入するためには、事前にチベット入境許可証が必要。また2012年4月現在、切符のみの購入はできず、現地滞在を含んだツアー旅行でしか入境できません。日本のツアーで申込むか、直接中国の旅行会社またはラサの旅行会社に依頼をする必要があります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/06/18)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索