中国の北方ではヒツジはごく普通に食べる肉だけれど、南方人は苦手?

私が一番好きな肉はヒツジです。日本では北海道の人以外は普段、ヒツジ肉を食べません。「ヒツジの肉は臭いから苦手」という人もいます。私のヒツジ初体験は中国です。新疆ウイグル自治区のトルファンでシシカバブを食べたときから、羊が大好きになりました。中国の北方の有名料理に「涮羊肉(シュワンヤンロウ)」と呼ばれる羊肉のしゃぶしゃぶがあります。タレさえ買えば、簡単に作れるので、北京では家庭でよく作る料理のひとつです。仕事でお世話になった上海人に「お礼に涮羊肉をおごります」と言ったことがあります。上海人なら誰でも知っている有名な老舗レストランで食べましょうと言ったのに、その上海人は困った顔をします。「ヒツジは臭いから苦手なんです。他の料理にしませんか?」と言われて中国人にもヒツジが好きでない人がいることを知りました。

ヒツジの肉が大好きなら、シルクロードの伊寧(イーニン)に行こう! ヒツジの肉が大好きなら、シルクロードの伊寧(イーニン)に行こう!

陝西省の西安より西に行くにつれて、豚を使わないムスリム食堂が増えていく

中国の北方の人はヒツジをよく食べます。牛よりヒツジを食べる人が多いぐらいです。ヒツジのほうが値段が高く、牛よりはごちそうという位置づけです。中国でおいしい羊肉が食べられる場所と言えば、西の端っこの新疆ウイグル自治区です。中国の真ん中あたりに位置する陝西省の西安より西側は、豚を食べないイスラム教徒の少数民族が多く住むエリアです。そのため、豚を使わないで羊か牛肉を使う清真(ムスリム)レストランの割合も高くなってきます。西安から新疆ウイグル自治区に向かうにつれて、市場や路上、店先でヒツジを焼くシシカバブの屋台も増えていきます。

場所によって味付けが異なるシシカバブ

羊肉を炭火で焼いたシシカバブは日本人にも人気が高く、「屋台でビールを飲みながら、シシカバブを食べるのが最高!」という人もいるほどです。シシカバブは中国西北部を代表する料理ですが、場所によって味付けが違います。羊肉の味付けに使うスパイス類は塩、コショウ、クミン、唐辛子です。青海省と甘粛省のものは唐辛子が多めでピリリと辛く、新疆のウイグル族のものは唐辛子が少なめです。肉質も新疆ウイグル自治区のほうが脂身が多めで、こってりした感じです。

新疆で一番ヒツジがおいしい町で食べたいおすすめ料理

新疆ウイグル自治区は土地も広く、ヒツジの放牧がおこなわれる羊肉の産地です。なかでも北方の伊寧(イーニン)のヒツジがおいしいと言われています。ヒツジは塩分がある土地で育ったものがおいしいと言われていますが、伊寧がまさにそうです。伊寧のシシカバブはスパイスをたっぷりきかせなくても、ジューシーでやわらかく、塩少々で十分なほど濃い味がします。伊寧でシシカバブを食べるなら、骨付きの「烤羊排(カオヤンパイ)」がいちおしです。量り売りなので、注文しないと食べられませんが、おいしそうな羊肉を見つけたら、ぜひ注文してみてくださいね!