中国の検索サイト、「百度」とは?

「いかにもB級って感じがするホテルだ」、「交通は便利な場所みたい」。こんな情報が事前にわかるストリートビューって、本当に使えます。行く前にホテルの外観や周辺の雰囲気を知っているって、到着前の心細い気持ちが減り、安心感があります。私が中国を旅行する時、よく使っているのは、「百度」と言う中国の検索サイトのストリートビューです。百度は、中国版グーグルとも言える中国最大の検索サイトです。百度を開き、そこから地図の項目をクリックします。

漢字の名前と実際のギャップを解消? 「百度」のストリートビューを活用しよう! 漢字の名前と実際のギャップを解消? 「百度」のストリートビューを活用しよう!

「百度」でストリートビューを見る方法

「百度地図」を開き、省、市など特定できる情報を入力し、ホテル名や通り名なども加えると、詳しい周辺地図がでてきます。ここでストリートビューを見ることができます。日本のガイドブックやホテル予約サイトにも載っていないようなホテルやゲストハウスを調べたい時に、とにかく使えますよ! 「中国のサイトだから中国の情報に詳しいのは、当たり前でしょ」なんて言葉で片付けられないぐらいすごいです。かなりマイナーなホテルやゲストハウスがちゃんと地図に載っていて、ストリートビューで外観をチェックできます。

百度のストリートビューの細かさにびっくり!

地図上に示されたホテルやゲストハウスの名前のところにカーソルを持っていくと、目だまのようなマークが出てきます。目だまから出ているふきだしの中にストリートビューの映像があります。目だまを動かすと、周辺の景色が見られますが、こんな細い路地や団地まで映像があるのかと驚くほどです。調べているお宿が、繁華街にあるかどうかはもちろん、そこが下町なのかまで知ることができます。遼寧省の瀋陽、河南省の鄭州のような日本語の情報が少ない都市のストリートビューを活用すると、収穫大ですよ。

漢字の国だから、よくある勘違いとは?

中国では、ホテルのことを「賓館」、「酒店」、「飯店」などと呼びます。レストランも「酒店」や「飯店」と言います。実際に予約電話を入れてみて、初めてレストランだとわかるなんてこともたまにあります。また、外国人旅行者が少ない地方都市に行くと「**大酒店」と言う名前のホテルがよくあります。名前からしてかなり立派な大型ホテルのような感じです。こういうところに限って、ストリートビューで確認すると、たいして大型でもない中級ホテルだったりもします。しかしストリートビューは、使いすぎると、旅のワクワク感が減ってしまいます。それはわかっていても、あまりに便利でつい、見るようになってしまいますよ!