page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・歴史の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

香港丸分かり?!実物大セットでリアルに楽しむ歴史と文化


掲載日:2007/10/15 テーマ:歴史 行き先: 香港 / 香港

タグ: ためになる 博物館


当時にタイムスリップ!香港歴史博物館

昔を再現したリアルサイズの町並み。もちろん、お店の中にも入れます! 昔を再現したリアルサイズの町並み。もちろん、お店の中にも入れます!

元々は単なる漁村だった香港。それがアジアの金融都市として、そしてアジアの観光都市として大いに発展を遂げてきました。時代のうねりと共に発展してきた香港、その変遷の歴史は一体どのようなものだったのでしょう?
それを丸ごと学べるのが、香港歴史博物館。発展の代償として失ってしまった香港の昔の面影も、ここで垣間見ることができます。実はここ、歴史に興味がなくても楽しめること間違いナシのオススメ博物館。実際にその時代にタイムスリップしたみたいに、歴史・文化・昔の町並みを一気に体験できるんですよ。

アミューズメントパークのような面白さ

ジャンクと呼ばれる昔の中国帆船。船に乗り込んで、船上生活を仮想体験 ジャンクと呼ばれる昔の中国帆船。船に乗り込んで、船上生活を仮想体験

本物の土器や古銭に、当時の暮らしを偲ばせる貴重な品々。そんな展示物もさる事ながら、何といってもこの博物館の目玉はタイムスリップ感を味わえる実物大セット! 館内を歩きながら、香港の歴史と文化をまさに「体験」できるんです。原始時代から始まる展示は、文化が発展して行くにつれ、次第に内容も豊かさになり、面白さもアップ。昔の船上生活を再現した実物大の帆船にも乗れるし、昔の町並みをブラブラ歩いてみることだってできます。まるでアミューズメントパークの様な楽しさに、大人も思わず童心に戻ってしてしまうかも?!

香港の歴史を楽しく学ぶ

戦後、香港経済の発展を支えた軽工業。この展示エリアでは、近代香港の様子をたっぷり味わえます! 戦後、香港経済の発展を支えた軽工業。この展示エリアでは、近代香港の様子をたっぷり味わえます!

館内は原始時代の香港の様子から始まり、静かな漁村だった頃から戦後発展期の香港までの変遷が紹介されています。今では面影もない昔の暮らしや信仰に、現代の香港につながるものを発見するのはとても興味深いですよ。また、大国に翻弄された歴史や、香港史上最悪と言われている日本軍占領下時代の貴重なフィルム、日本兵の所持品などもきちんと展示されています。そして、戦後の発展期に入って一気に伸びる香港経済、それに伴って栄える町文化の息吹き。これらも実物大のセットで体感できます。展示物の見せ方も魅力的で、歴史を学んでいるとは思えない面白さです!

見どころ満載!文化を学ぶ

京劇舞台。細部にわたって再現された舞台裏もお見逃しなく! 京劇舞台。細部にわたって再現された舞台裏もお見逃しなく!

そして、歴史と共に文化もたっぷりと紹介されています。舞台裏まで細かく再現した京劇の舞台に祭りの屋台、そして有名な長州島の饅頭祭りで供えられる巨大な饅頭塔まで再現!大雑把だと思っていた香港人が、ここまで丁寧にそしてサービス満点に魅せてくれるの?!と、思わず感嘆。そして、更に別フロアに移動すると、そこには昔の町並みが!本物の古銭も展示した香港上海銀行窓口、郵便局、薬屋、雑貨屋、洋服屋……あまりの細かさにじっくり眺めたくなること必須の面白さ。また、実物大トラムもドーンと展示。乗車可能なので、このチャンスに憧れの運転席に座った姿を写真に収めてみては?

タイムスリップを終えて、「今」の香港を眺めてみよう

博物館を出ても、まだ夢心地? 博物館を出ても、まだ夢心地?

歴史と文化を学ぶ以上に楽しませてくれる、香港歴史博物館。館内で繰り広げられる中身の濃い香港ワールドに酔いしれすぎて、博物館を出てもまだ夢覚めやらぬ興奮が。タイムスリップを終えて短い夢から覚めたら、今と昔の香港を比べてそのギャップを大いに楽しんでみてくださいね。
こんなに盛りだくさんで子供から大人まで楽しめても、入場料はたったのHK$10!これなら訪れてみても損はないでしょう?歴史や博物館めぐりに興味がない人でも、ここなら思った以上に楽しめるハズですよ!

【関連情報】
住所:100 Chatham Road South, Tsim Sha Tsui, Kowloon, HK
電話: (852) 2724 9042
開館時間: 10〜18時(月、水〜土)、10〜19時(日祝)
休館日:火、旧正月初日2日間
入館料:HK$10(身体障害者、学生、60歳以上の人はHK$5)
※クリスマスイブ、旧正月前日は17時閉館

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/10/15)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索