page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

冬の定番!火鍋で美味しい香港の冬グルメを楽しむ


掲載日:2007/12/04 テーマ:グルメ 行き先: 香港 / 香港

タグ: おいしい グルメ レストラン


香港の冬は、火鍋でキマリ!

鍋の周りに具をズラリと並べて、火鍋スタート! 鍋の周りに具をズラリと並べて、火鍋スタート!

香港の冬を代表する食べ物と言えば、やっぱり火鍋。日本ほどの寒さはなくとも、冬になって皆であったか〜い鍋を囲みたくなるのは香港でも同じです。鍋は鍋でも日本の鍋とは違って、2種類のスープが入った鍋を囲むのが香港式。どんなスープや具を選ぶかはお好み次第。それも火鍋の楽しみなんです。そんな火鍋で人気のお店が、香港島・ワンチャイにある四川料理レストラン『譚魚頭』。早速このお店で味わう香港の美味しい冬の味覚を、たっぷりとご紹介致しましょう。

火鍋の基本、スープ選び

グツグツ煮える鍋の手前はトマトスープ、向こう側はチリ・スープ。どちらのスープも人気。但し、チリ・スープはかなりの辛さです! グツグツ煮える鍋の手前はトマトスープ、向こう側はチリ・スープ。どちらのスープも人気。但し、チリ・スープはかなりの辛さです!

まず、火鍋はスープ選びから。スパイスたっぷりのチリ・スープ、さっぱりしたトマトスープ、日本人には一番馴染みやすい野菜スープなど、店によって色んなスープがあります。日本人の感覚からすると、チリやトマトのスープで鍋なんて……と思うかもしれませんが、チリ・スープは寒い夜に体を芯から暖めるにはピッタリ。また、アッサリしたトマトスープはバラエティ豊かな火鍋の具と好相性なんですよ。特に、譚魚頭はこのトマトスープが有名。四川らしいピリッとした辛さを効かせたチリ・スープ同様に、ここではぜひこのトマトスープを試してみてくださいね。

香港式バラエティ豊かな具にトライ!

鍋の具は、好みでお好きなものを何でもどうぞ!(真ん中右にある丸い揚げが生根) 鍋の具は、好みでお好きなものを何でもどうぞ!(真ん中右にある丸い揚げが生根)

香港の火鍋は、鍋に入れる具がかなりバラエティに富んでいます。肉、魚、豆腐、餃子……このあたりまでは日本でも馴染みのあるところですが、こちらのメニューは更に魚の頭、魚の唇、串刺し海老、ホタテ、レタス、コーン、大根、ホウレンソウなど、何でもアリの組み合わせ。私のイチオシは、並みいる強豪を抑えてコーン!鍋にはミスマッチに見えますが、これが意外にイケるんです。他にもレタス、餃子、生根と言われる丸い揚げもおススメ。生根は鍋の中でスープの旨みをたっぷり吸って、小さくしぼんだ時が食べ頃です。

鍋のシメはラーメンで!

旨みがギュッと詰まったトマトスープで、熱々ラーメンを食す幸せ 旨みがギュッと詰まったトマトスープで、熱々ラーメンを食す幸せ

グツグツ色んな具を煮て、旨みがたっぷりつまった鍋のスープ。日本ではシメにごはんを入れて、おじやでも作るのが定番。しかし、ここは香港・譚魚頭。ここでは、ぜひラーメンを入れてください。それも、インスタント麺!(袋ラーメンをそのまま持って来てくれますが、粉末スープは入れません。)私も最初は疑心暗鬼だったのですが、食べてみたら……ウマ〜イ!!コクのあるスープが程よく麺にからんで、インスタント麺とは思えぬ美味しさ。トマトスープに入れてもヨシ、辛いもの好きならチリ・スープに入れて食べるもヨシ。ぜひ鍋のシメに、この一味違った美味しさをお試しあれ。

【関連情報】

看板メニューの火鍋は、まさに看板にも入っている人気メニュー 看板メニューの火鍋は、まさに看板にも入っている人気メニュー

具の値段はHK$20〜HK$200くらい。今回私が5人で囲んだ鍋は、牛肉・豚肉・肉団子・イカ団子・海老・豆腐・コーン、レタスなど色々お腹いっぱい食べて、一人200ドル程度。なかなかお手頃価格でしょう?それほど高くないのもここの魅力なんですよ。
そして冬に来るなら、鍋と一緒に冬の味覚として豆苗(とうみょう)もどうぞ。豆苗をニンニクと油で炒めたアッサリ塩味のメニューなのですが、これも皆大好きな一品です(最初の写真・手前左側が豆苗)。また、このお店は坦々麺や昼の飲茶も美味しいですよ!

■譚魚頭(Tanyoto)
住所:1-3/F, 129-135 Johnston Road, Wan Chai, Hong Kong
電話: 2893 9268
営業時間:7:00am〜1:00am
URL: http://www.tanyutou.com.hk/index.php(音が出ます)
MTRワンチャイ駅A3出口を出てすぐ左(尖沙咀、旺角にも支店あり)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2007/12/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索