page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・動物の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

幸せのピンクドルフィン探し!ドルフィン・ウォッチングツアーに参加しよう


掲載日:2008/04/04 テーマ:動物 行き先: 香港 / 香港

タグ: かわいい イルカ 一度は見たい


世界でも貴重なピンクドルフィンを見れるのはココ!

ピンクドルフィンのしっぽ ピンクドルフィンのしっぽ

世界でも貴重なピンクドルフィン。そんな貴重な野生動物を香港で見ることができるんです。彼らが生息するのは、大仏のあるランタオ島付近の海。実は、このピンク色のイルカを見ると幸せになるとも言われているんですよ。そんなラッキー・チャームのピンクドルフィン、ツアーに参加すると高い確率で見ることが可能。ちょうど春と秋が繁殖期と聞きましたので、母イルカに添って泳ぐかわいいベイビー・ドルフィンにも出会えるかも? ぜひ自分の目で幸せのピンクドルフィンを見つけてみましょう!

いざドルフィン・ウォッチングへ!日本語ガイドも予約可能

クルーザーの中。飲み物、クッキーなどのスナック付 クルーザーの中。飲み物、クッキーなどのスナック付

ピンクドルフィンを見るツアーを行っているのは、Hong Kong Dolphinwatching。ここは週に3回ツアーを行い(シーズンによって異なるので要問合せ)、所要時間は一回約3〜4時間。市内でツアー客をピックアップしてバスでランタオ島へ行き、そこからクルーザーでドルフィン・ウォッチングへと出発です。通常は英語ツアーですが、日本語ガイドもお願いできるので安心ですよ!(日本語ガイドは事前予約要)ちなみに、ピンクドルフィンに会える確率はツアーHPによると96%。もし残念ながらその時に出会えなければ、次回は無料でツアーに参加できるとのことです。

ピンクドルフィンの暮らす海

クルーザーが沖に出ると、みんな甲板に出てピンクドルフィン探し クルーザーが沖に出ると、みんな甲板に出てピンクドルフィン探し

さて、海原に出て目にするのは…ゴミです。ランタオ島には豊かな自然が残っているのですが、最近は埋め立て・汚染・ゴミなど、人間が作り出す公害でピンクドルフィンの生息地が急速に狭まり、その数も危機に瀕していると言われています。実際、捨てられたゴミで体に傷を負ったり、モーターボートに巻き込まれて死んでしまったピンクドルフィンも発見されているんです。そんな話を聞きながらピンクドルフィンを探していると、本当に会えるんだろうか…そんな不安に駆られてしまいます。でも、ピンクドルフィンを探しながら彼らが暮らす過酷な現状を目にすること、これもドルフィン・ウォッチングツアーの大事な一部なのです。

やっと出会えたピンクドルフィン!

黒とピンクのまだら模様は、子供のイルカ。大人になると、ピンク(白)になります 黒とピンクのまだら模様は、子供のイルカ。大人になると、ピンク(白)になります

ピンクドルフィンを探すこと数時間、もう今日は無理かなあ…なんて思い始めた頃に現れるのがピンクドルフィン。元気に飛び跳ね、目の前をスイスイと泳いでいきます。体の色は、やっぱりきれいなピンク色!実は、ピンクドルフィンの元々の色は白なんですが、泳いで体温が上がると皮膚の下の血管の色が浮き出てピンク色に見えるんです。子供の頃は灰色で、成長するにつれて徐々に白くなっていくんだそうですよ。実際に自由に海を泳ぎ回るイルカの姿、それも貴重なピンクドルフィンの泳ぐ様を目にすると、やっぱり嬉しくて大興奮!この感動、ぜひ自分の目で見て味わってくださいね。貴重な思い出になること間違いナシです!

【関連情報】

●Hong Kong Dolphin Watching
住所:1528A, Star House, Tsim Sha Tsim, Kowloon, Hong Kong
予約用電話番号:(852)2984-1414 またはFax: (852)2984-7799
料金:大人HK$360、11歳以下の子供HK$160(学割・シニア割引あり)
席はツアー参加前日までに入金を確認した時点で確保されます。
入金方法は銀行振込、小切手送付など。直接オフィスに行って現金支払いも可。詳しくは、HPで確認を。
HP:http://www.hkdolphinwatch.com/
日本語HP:http://www.hkdolphinwatch.com/hp_j/index_j.html?
(日本語HPの情報は古いので最新情報は英語版を見るか問い合わせを)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/04/04)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索