page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

香港スイーツの超有名店『満記甜品』で楽しむ、オリジナル・スイーツ


掲載日:2008/06/12 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: 香港 / 香港

タグ: おいしい スイーツ フルーツ


美味しい香港スイーツが評判の『満記甜品』

マンゴー、ポメロ、タピオカなどがたっぷり入った香港スイーツの定番人気メニュー、「楊枝甘露」。楊枝甘露に豆腐花が入った、満記のオリジナル・メニューもお試しあれ マンゴー、ポメロ、タピオカなどがたっぷり入った香港スイーツの定番人気メニュー、「楊枝甘露」。楊枝甘露に豆腐花が入った、満記のオリジナル・メニューもお試しあれ

少し歩くだけで汗だくになる今日この頃、そろそろ冷たいデザートが恋しい季節。今回ご紹介する『満記甜品』は、香港人に人気の香港スイーツのお店。元々満記は、香港中心部から1時間半くらいの場所にある新鮮なシーフードで有名な西貢(サイクン)という場所にオープンしたのが始まり。ただ、あまりに評判を呼んで押しかける人が多くなったため、隣にもう一軒並んでお店をオープンさせたという、当初から何ともすごい人気を誇ったお店なんです。今や香港内はもとより、上海・杭州・シンセン・インドネシアにまで店舗を持つという人気の満記、早速ご紹介致しましょう。

人気の秘密は、厳選フルーツと独自のメニュー

ドリアン・パンケーキ(ドリアンペーストとクリームをクレープで巻いたもの)、ドリアンプリンなど、独自のドリアン・デザートも人気 ドリアン・パンケーキ(ドリアンペーストとクリームをクレープで巻いたもの)、ドリアンプリンなど、独自のドリアン・デザートも人気

香港スイーツは、南国フルーツをたっぷり使ったヘルシーさがウリの一つ。もちろん満記でもマンゴー、ポメロ(ザボン)、ドリアンなど、厳選された新鮮な南国フルーツをふんだんに使った香港スイーツがいっぱい。この美味しい厳選南国フルーツに加えて、ツバメの巣・胡桃・生姜・蓮の実などの伝統的でヘルシーな材料を上手にミックスさせた独自のメニューが満記スイーツの人気の秘密。そして実は、ここはドリアンを使ったスイーツも有名なんです。ドリアン独特の香りを抑えたまろやかな味が人気のよう。マンゴー・パンケーキ、豆腐花入り楊枝甘露などの人気メニューはもちろん、ぜひドリアン・スイーツも試してみてくださいね!

あったかスイーツも年中人気

黒ゴマのお汁粉は、トロリとした優しい味わい。お団子入りの甘い生姜スープは、ヘルシーでアッサリした甘さ 黒ゴマのお汁粉は、トロリとした優しい味わい。お団子入りの甘い生姜スープは、ヘルシーでアッサリした甘さ

そして意外に思われるかもしれませんが、香港ではあったかスイーツも年中人気。さすが、体を冷やす冷たい飲み物よりも温かいお茶を好むヘルシー志向の香港人。加えて、香港の建物の中は冷房がかなり効いているので、ずっと中にいると体が冷えて温かいものが欲しくなるんです。そんな事情もあって、冷たいデザートだけでなく、伝統的なお汁粉系あったか香港スイーツも年中人気なのですが、満記のトロリとしたゴマ餡のお団子が入ったお汁粉は、いつ食べてもほっこり和む優しい味。お汁粉の種類も小豆・ゴマ・アーモンドや胡桃と豊富で、甘さも控えめ。お団子入りの甘い生姜のスープもオススメですよ。

お洒落な香港スイーツなら、やっぱり満記

満記の店舗が入ったウエスタン・マーケット。今や香港内にある満記の店舗は、すでに20店舗以上。人気の程がうかがえますね! 満記の店舗が入ったウエスタン・マーケット。今や香港内にある満記の店舗は、すでに20店舗以上。人気の程がうかがえますね!

これだけの人気店となると、日本語メニューも揃っているので安心です。また、メニューにあるスイーツはすべてテイクアウト可能。ゆっくりホテルに帰って食べたいという人にもピッタリですね。そして、満記の英語の店名は『Honeymoon Dessert』なんですが、器のデザインは変わっても、満月を思わせる蜜色が満記の器のテーマカラー。ここで使われるレトロ・モダンでぽってりとした器も、他の店とは一線を画してかわいいんですよ。香港らしいキッチュな器で楽しむ、満記のオリジナル香港スイーツ。ちょっとお洒落な香港らしさも味わえるこのお店、香港に来たら一度は試してみてくださいね。

【関連情報】

●満記甜品(Honeymoon Dessert)
住所:Shop 4-8, G/F, Western Market, Sheung Wan, Hong Kong、銅鑼湾タイムズスクエア地下など、その他香港内に20店舗以上
電話番号: (852) 2851-2606

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/06/12)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索