page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

緑あふれる香港公園で味わい癒される、本格中国茶とベジタリアン飲茶


掲載日:2008/07/10 テーマ:グルメ 行き先: 香港 / 香港

タグ: おいしい グルメ レストラン


公園の緑とレトロな雰囲気で気分もゆったり

ベジタリアン飲茶に肉はナシ。うどんの上にあるハムも、実はハムではありません。手前の蒸餃子の中には、甘辛く味付けられたシイタケやタケノコがたっぷり ベジタリアン飲茶に肉はナシ。うどんの上にあるハムも、実はハムではありません。手前の蒸餃子の中には、甘辛く味付けられたシイタケやタケノコがたっぷり

飲茶は美味しい反面、肉や油が多く使われていて少しヘルシーさに欠けているのが欠点。ヘルシーで美味しい飲茶を食べたい、にぎやかな店ではなく落ち着いた雰囲気で味わいたい、できれば飲茶と合わせて美味しい中国茶も楽しみたい…そんな欲張りな希望が叶う場所、それが香港公園内にある『楽茶軒』。前に上環の本店をご紹介しましたが、分店は緑あふれる香港公園の中。アンティーク家具を使った店内は、レトロでゆったりとした雰囲気。中国茶の良い香りも漂います。そんな中で食べる、ヘルシーなベジタリアン飲茶。何だか、身も心ものんびり癒されそうでしょう?

本格的な中国茶がズラリ、お茶のお点前も間近で拝見!

目に楽しい花茶(写真は「萬紫千紅」)。お茶のお点前も見ているだけで楽しい 目に楽しい花茶(写真は「萬紫千紅」)。お茶のお点前も見ているだけで楽しい

ここはお茶の世界では有名な葉さんがオーナーだけあって、さすが中国茶メニューが豊富。産地別、種類別に選べて値段も手頃なものが揃ってます。あまりに多いので迷いそうですが、知識豊富なスタッフにお茶の違いを説明してもらうと、かなり選びやすくなります。日本ではあまり飲まない花茶もオススメ。耐熱ガラスカップの中で、ゆっくりと花開いていく花茶。目と舌で花とお茶を楽しんでいると、何ともゆったりと贅沢な気分に。また、選んだお茶は一つずつ丁寧に目の前で淹れてくれるんですよ。ムダのない中国式のお点前の所作に、思わずお茶に興味のない人でも引き込まれてしまうこと必至!

ヘルシーで美味しいベジタリアン飲茶に舌鼓

肉は使われてなくても美味しいシュウマイ。見た目は普通なのに、一体どうやって作ってるんでしょうね? 肉は使われてなくても美味しいシュウマイ。見た目は普通なのに、一体どうやって作ってるんでしょうね?

ベジタリアン飲茶は言わば精進料理。日本の精進料理と同様、食感も味もお肉の様に感じる工夫がされており、野菜ばかり食べているという気になりません。(目の錯覚が舌に影響??)味付けはアッサリ、ボリュームも控え目 。ガッツリ食べたい人には物足りないかもしれませんが、ゆっくりとお茶と飲茶を楽しんでいると、いい塩梅にお腹もいっぱいになるんです。メニューは日替わりで、最近行った日のメニューはシュウマイ、大根餅、ナスのはさみ揚げ、生姜の湯葉巻、五目野菜の水晶蒸餃子など(もちろん肉ナシ)。デザートにカスタード饅頭を食べたかったのですが、残念ながらその日はナシ。美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。

のんびり癒された後は、茶葉・茶器もチェック!

ヘルシーな飲茶と美味しいお茶で、店内は文字通り身も心も癒される空間です ヘルシーな飲茶と美味しいお茶で、店内は文字通り身も心も癒される空間です

ベジタリアン飲茶と中国茶を楽しめる楽茶軒。ここはお腹いっぱいになるために来るというよりも、のんびり癒されに来るという方にピッタリ。美味しい中国茶とおしゃべりを楽しみながら、ちょこちょこと美味しい点心に舌鼓。アンティークな店内でゆったりと流れる時間に、「昔の飲茶ってこんな感じだったのかなあ」と思わずのんびり。忙しい香港の街だけに、こんな場所って貴重なんですよ。茶器に興味のある人は、ここへ来る前に同じ建物内にある茶器美術館に立ち寄ると、ここでの飲茶をもっと楽しめそう。上環のお店よりは種類が少なくなりますが、ここでも茶葉や茶器の購入が可能なので、帰る前にチェックしてみてくださいね。

【関連情報】

●楽茶軒(Lock Cha Tea Shop)
住所:G/F, The K.S. Lo Gallery, HK Park, Admiralty, HK
電話番号:(852)2801-7177
営業時間:10:00〜22:00
毎月第二火曜休み

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/07/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索