page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・観光地・名所の現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

秋を感じる香港。“ラマ島”で味わう、のんびり島ライフ


掲載日:2008/09/09 テーマ:観光地・名所 行き先: 香港 / 香港

タグ: グルメ ビーチ レストラン


香港の雑踏を逃れ、のんびり島ライフを味わう

ラマ島には自然がいっぱい。秋になってもまだまだ暑い香港では、ビーチ(洪聖爺海灘)も当分楽しめます! ラマ島には自然がいっぱい。秋になってもまだまだ暑い香港では、ビーチ(洪聖爺海灘)も当分楽しめます!

9月になったとはいえ、まだまだ暑い日が続く香港。とは言え、ほんの時折感じる夜風の涼しさに、少しばかりの秋を感じます。実は、天候が安定してくるこれからが香港のベスト・シーズン。まだまだ海にも行けるし、そろそろ山も、と段々と行動範囲も広がってくるのがこの時期なんです。行動しやすくなるこれからの時期、旅行者の方も少し足を延ばしてみては?
…ということで、今回は香港島、セントラルからフェリーでおよそ30分程度の場所にある、ラマ島(榕樹灣側)をご紹介。ラマ島はシーフードとハイキングを目的に訪れる人が多いんですが、島をのんびりそぞろ歩くのも楽しいですよ

色んなものがギュッと詰まった小さな島の楽しみ

旅行者だけでなく、香港人にも人気のラマ島。エスニックな雑貨屋さん多し 旅行者だけでなく、香港人にも人気のラマ島。エスニックな雑貨屋さん多し

ラマ島の良さの一つは、日本人でも思わず郷愁を感じてしまう様なのどかな風景を楽しめること。また、香港島から30分程度という便利な距離にあるため、香港で働く西洋人がのんびりライフを求めてこの島に移住。そのせいか、この小さな島には住人御用達の素朴なパブやカフェも並んでいるし、旅行者が喜びそうなエスニック系の雑貨屋さんも色々あるんです。島の田舎の風景と西洋のパブやカフェの風景が違和感なく共存しているのも面白い。今回は島歩きのみの記事になりますが、ラマには魅力的な海辺のハイキング・コースやキレイなビーチ(9月に入っても香港ではまだまだOK!)もあって、シンプルながら意外に楽しめる島なんですよ

昔ながらの細い路地でわざと迷う楽しさ

「日本の商店街」と言ってもおかしくない島の大通り。ここを横に入ると、細い路地に沿って並ぶ住宅街。島が小さすぎて迷えないからこそ、あえてデタラメに歩いてみるのが楽しい 「日本の商店街」と言ってもおかしくない島の大通り。ここを横に入ると、細い路地に沿って並ぶ住宅街。島が小さすぎて迷えないからこそ、あえてデタラメに歩いてみるのが楽しい

小さな島なので迷うほどの道はないのですが、店が並ぶ島の大通り(と言っても香港に比べれば路地)をデタラメに歩いて小さなお店を見つけたり、大通りを少し脇にそれて島の人達の住宅地へと迷い込んだり。歩けば歩くほどに、島の住人達のゆったり島ライフの風情を楽しめます。大都会香港から30分程度でこんな場所に来れるのも、香港の良いところですよね。そして、街歩きも真夏に歩き回ると強い日差しで丸焦げですが、秋くらいからなら随分と楽になるはず。ビーチへと抜ける道には、原風景とも言えるような懐かしさを感じる緑豊かな風景にも出会えますよ。

シメは島のシーフードで

海のそばでシーフードに舌鼓! 海のそばでシーフードに舌鼓!

そして、島と言ったら新鮮なシーフード。実際、これを目的にラマ島へ来る人がほとんどです。榕樹灣のフェリーを降りてまっすぐ歩くと、そこが大通り。大通りのシーフード・レストランは席が海側に並べてあるので、海風を感じながらシーフードを楽しめます。また、ラマ島にはベジタリアンの間で有名なブック・カフェ『Bookworm』もあるので、ヘルシーなベジ料理に興味があれば、こちらも試してみては。週末のみのオープンです。
華やかな香港とは別世界の素朴なラマ島ですが、逆に島のシンプル・ライフが新鮮に映ることでしょう。そして香港に戻ると、今度は都会の喧騒にビックリするハズですよ!

【関連情報】

●ラマ島「榕樹灣(Yung Shue Wan)」の行き方
セントラルのフェリー4番乗場から榕樹灣行きフェリーでおよそ30分。
フェリー料金:平日(月〜土)は大人HK$14.5、子供HK$7.30/日祝は大人HK$20、子供HK$10
セントラル〜榕樹灣間のフェリー運行時刻表(英語):
http://www.hkkf.com.hk/en/ferry/schedule.htm(日祝は本数が少ないので注意!)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/09)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索