page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・カフェ・スイーツの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

話題のデザート・バー『Sift』で楽しむ女性パティシエの極上デザート


掲載日:2008/09/22 テーマ:カフェ・スイーツ 行き先: 香港 / 香港

タグ: おいしい スイーツ フルーツ


お酒と楽しむ大人のデザート

Sift名物「Chocolate and Strawberry pavlova」。たっぷりのイチゴとチョコのメレンゲケーキのハーモニーがたまりません。シャルドネを使ったワイン・ゼリーも美味! Sift名物「Chocolate and Strawberry pavlova」。たっぷりのイチゴとチョコのメレンゲケーキのハーモニーがたまりません。シャルドネを使ったワイン・ゼリーも美味!

レストランでディナーに続いてデザートを楽しむのもいいですが、ディナーの後に敢えて場所を変え、気分新たにデザート・バーでおしゃべりとデザートを楽しむ秋の夜長というのもオツなもの。デザート・バーは、ワインやお酒と一緒に美味しいデザートを楽しめる場所。そう、お酒を飲みたい人も甘いものが食べたい人も、共に秋の夜長を楽しめる場所なのです。お酒と一緒に楽しむことで、いつものカフェもデザートも何だか夜にピッタリの大人の場所と味になるから不思議なもの。今回はいくつかあるデザート・バーから、最近話題の『Sift』をご紹介致しましょう。

女性パティシエが作る極上デザートに舌鼓

カウンター席では、サーブするまでの工程をじっくり拝見できます カウンター席では、サーブするまでの工程をじっくり拝見できます

私も一応味にうるさい日本から来ている上に甘党のせいか、香港で美味しいケーキを見つけるのには結構苦労してるんです。もちろん、ホテルやそれなりの場所に行けば美味しいケーキはありますが、街の中での(しかも夜にとなると)場所選びはやっぱり悩みの種。ところが、『Sift』はまるでホテルの様な極上の味を、遅くまで気軽にSOHOで楽しめるんです。デザートのプレゼンテーションも彩り良くてビューティフル! オーナー・パティシエは、NYで修行を積んだジェニファーさん。さすが女性というべきか、一皿一皿に細やかな気遣いが感じられ、繊細で美味しいデザートを楽しめるんですよ

高くても厳選素材の本格デザートはやっぱり人気

メープル・クリームとマスカルポーネを使ったコクのあるチーズケーキ メープル・クリームとマスカルポーネを使ったコクのあるチーズケーキ

ひとつ難を言えば、ここは他と比べて少々お値段が張るのです。大体デザート一品70〜90ドル(1050〜1350円)、飲み物別となっています。にも関わらず、午後のオープン時間以降、どんどん人が入って来ます。その秘密は、フランス輸入のチョコレートや高級バニラ・ビーンズなど、厳選された素材を使って丁寧に仕上げた本格的な味。ここのレビューも色々見ましたが、一貫しているのは味に対する評価の高さ。これはシェフの腕はもちろん、素材の良さから来ていることも間違いないでしょう。それに、高いと言っても夜ならカクテルを一杯飲んだのと同じ位のお値段。ならば、デザート・ナイトと洒落込むのも良さそうですよね。

シンプルな店内とこれからの季節に嬉しいパティオ有

通りに面した壁が一面ガラス張りのシンプルな店内から、通りを行き交う人達を眺めるのも楽しい 通りに面した壁が一面ガラス張りのシンプルな店内から、通りを行き交う人達を眺めるのも楽しい

そんな『Sift』がオープンするのは、午後3時。まだまだ暑い昼間はクーラーの効いたシンプルな店内で、寡黙なシェフが生み出すデザートを間近で見れるカウンター席に陣取るのも楽しそう。でも、少し涼しくなる夜にオススメするのは、バックヤードのオープンテラス。昼間は素っ気ないバックヤードも、夜はライトやランプで美しく飾り付けられるので、きっといい雰囲気を楽しめるはず。香港の夜を楽しみたいけど、本格バーはちょっと腰が引ける…という女性同士の旅行者には、デザート・バーはピッタリかもしれません。秋の夜長をたっぷり楽しんでくださいね。

【関連情報】

● Sift
住所: G/F., 46 Graham Street, Central
電話番号: (852) 2530-4288
営業時間: 15:00〜23:30 (金・土は24:30まで)
行き方: ヒルサイド・エスカレータをHollywood Rd.と交差した後に降り、Pure Yoga側にあるGODの角を左折、坂を少し上った左手側にあります。

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/22)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索