page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

日本人好みのアッサリ味・潮洲麺とお粥を楽しむ


掲載日:2008/09/30 テーマ:グルメ 行き先: 香港 / 香港

タグ: おいしい グルメ レストラン


アッサリした味付けが日本人にも人気

牛バラ肉麺。日本の牛バラ肉と違い、麺の上にはドカッと大胆な肉のカタマリが乗ってます 牛バラ肉麺。日本の牛バラ肉と違い、麺の上にはドカッと大胆な肉のカタマリが乗ってます

潮洲料理には乾物や小粒の牡蠣などの魚介類を使ったバラエティ豊かな料理が色々ありますが、それらの料理に共通する大きな特徴が「日本人の口にも合うアッサリした味付け」。ヘルシー志向を謳っている美味しい潮洲レストランもあるのですが、今回は潮洲麺とお粥の専門店『桃園潮州粥麺』をご紹介。ここは上環にある小さなローカルのお店なんですが、どれを食べてもハズレがないと人気のお店。大体一品HK$22(約330円)で美味しい麺やお粥が食べられるので、お財布にも嬉しいお店なんですよ。

潮洲麺のスープはアッサリながらダシもしっかり

ローミン、汁ナシ麺など、他にも麺類は色々アリ。写真は、おすすめメニューにもなっている白菜の豚骨スープ煮。シンプルなのに、ニンニク風味が効いて美味 ローミン、汁ナシ麺など、他にも麺類は色々アリ。写真は、おすすめメニューにもなっている白菜の豚骨スープ煮。シンプルなのに、ニンニク風味が効いて美味

潮洲麺の白いスープは、アッサリながらもコクのある味わい。牛や豚の骨や魚などから取ったダシが効いてて美味しいんです。トッピングは、牛バラ肉、イカ団子、ホルモンや牛の胃袋、潮洲の海苔でワカメの様な歯応えの「紫菜」など。普通にオーダーすれば別皿となるニンニクの効いた豚骨スープ入り白菜も、お願いすれば麺の上にトッピングしてもらえます。また、麺にこだわりのある人は、細くてコシのある米線や平べったい河粉など、好みの麺も選べますよ。ダシの効いた白いアッサリスープに各種トッピング、紫菜、そして麺。これが驚くほど日本人の舌に合うんです。さっぱりした味わいは、飽きの来ない美味しさです。

潮洲粥の特徴は米粒が残った「雑炊風」

帆立貝のお粥には帆立貝を刻んだものとミンチ肉、ネギが入ってます。アッサリしていて食べやすい雑炊風のお粥 帆立貝のお粥には帆立貝を刻んだものとミンチ肉、ネギが入ってます。アッサリしていて食べやすい雑炊風のお粥

潮洲粥は米粒が砕けるまでドロリと煮込む広東粥と違って、米の形がしっかり残ったサラサラのお粥。言ってみれば、日本の雑炊っぽい感じでしょうか。お粥はアッサリしたスープで炊かれており、帆立貝を使ったお粥は貝柱のダシがしっかり出ています。他にも椎茸粥、イカ団子粥などありますが、これらがすべてHK$22なんて安いでしょう? 香港で油っぽいものを食べ過ぎて中華料理にはもう食指が動かなくなってしまった人にも、このアッサリしたお粥ならちょうどいいかもしれません。大きな丼にたっぷり入って出てきますので、お腹を空かせた人も十分腹持ちすること間違いなしですよ。

抜群の美味しさを誇るイカ団子もぜひ!

プリプリのイカ団子。甘くて美味しいので、ぜひ試してみてほしい一品!黒いのは潮洲の海苔、紫菜 プリプリのイカ団子。甘くて美味しいので、ぜひ試してみてほしい一品!黒いのは潮洲の海苔、紫菜

そして、何といっても美味しいのがイカ団子。イカをすり身にして団子にした、香港では良く見かける普通のイカ団子なのですが、ここのイカ団子は本当に美味しい。香港で生まれた友人の「香港で一番美味しい」という言葉にも、思わず素直にうなずいてしまうほど。イカ団子の専門家ではないのでうまく説明はできませんが、プリプリした弾力のあるイカ団子を噛みしだいていく内に、イカの甘みが口の中で広がるんです。私も香港でイカ団子を色々と食べてきましたが、イカの甘みを感じたのはここのイカ団子が初めて。もしかすると、アッサリしたスープが甘みを引き立てているのかもしれませんね。ぜひ、お試しを!

【関連情報】

● 桃園 潮洲粥麺家(To Yuen Noodle)
住所: 138 Queen's Road Central, Central
電話番号: 2581-9725

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/09/30)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索