page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・グルメの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

昔ながらのワゴン式で楽しむ飲茶とハーバービュー


掲載日:2008/10/29 テーマ:グルメ 行き先: 香港 / 香港

タグ: おいしい グルメ レストラン 行列のできる店


いつも人でいっぱいの人気の飲茶処

飲茶の定番!プリプリの蝦餃(蝦の蒸し餃子) 飲茶の定番!プリプリの蝦餃(蝦の蒸し餃子)

飲茶と言えばここの名前が必ず挙がるほど定番中の定番、市庁舎の『City Hall Maxim's Palace(大會堂 美心皇宮)』。市庁舎の2階(日本式に言えば3階)にあるこのレストランの前には、いつ行っても順番待ちの人がいっぱい! そう、ここは予約ができないので、行って待つしかないんです。そんな面倒な……と思いつつも待ってしまう人気の秘密は、(1)ここでは数少ない昔ながらのワゴン式飲茶が楽しめること、(2)飲茶の種類が豊富なこと、そして何と言っても(3)ビクトリア・ハーバーの180度のパノラマ・ビューを飲茶と共に楽しめること。この3点に尽きるでしょう! では、早速ご紹介致しましょう。

伝統的なワゴン式で食べる楽しさ

色んなワゴンが回ってくる中、中身が見えるガラス張りの凝ったワゴンも 色んなワゴンが回ってくる中、中身が見えるガラス張りの凝ったワゴンも

今ではすっかり少なくなってしまった、伝統的なワゴン式の飲茶。せっかく香港に来たなら、やっぱりレトロなワゴン式で飲茶を選ぶ楽しさを味わいたいですよね。以前ご紹介した『蓮香楼』もワゴン式なんですが、あちらが地元色たっぷりの上級者向け茶楼だとすると、こちらは旅行者やビギナーも入りやすい飲茶レストラン。広い店内をワゴンは何度も回って来るし、時にはシェフ自ら飲茶を運んで来るので、食いっぱぐれる心配もありません。今度のワゴンの中には何が入ってるんだろう?と期待するあのワクワク感、やっぱりワゴン式飲茶はたまりません。メニューの名前が分からなくても、蒸篭の中身を見せてもらえるのもワゴン式ならではです。

飲茶の種類は100種類以上!早めに行くべし

たくさん頼んで、皆で一緒に食べるのが楽しい飲茶の食べ方 たくさん頼んで、皆で一緒に食べるのが楽しい飲茶の食べ方

飲茶の種類を正確に数えたことはありませんが、定番飲茶メニューの蝦餃(蝦の蒸し餃子)、珍珠鶏(鶏肉入り粽の蓮の葉巻き)、各種腸粉(叉焼、蝦などをツルンとしたライスシートで巻いたもの)から中華デザートまで、かなり豊富な品揃え。だから、食べていてもワゴンが回って来るとついついのぞいてしまう……こんな風に食べていると結構忙しいんですが、やっぱりこれが楽しいんです。飲茶タイムは11:00〜15:00まで。遅く行くと待つ人は少なくなりますが、飲茶の種類も断然少なくなります。混雑する週末(特に日曜!)は、ぜひ早起きして行ってくださいね。できれば11:30前までに行けば、待ち時間も少なくてすみますよ!

お腹が満たされたら、窓の外を眺めてお茶で一息

ゆったり眺めるハーバービュー。窓際の席に当たるとラッキー! ゆったり眺めるハーバービュー。窓際の席に当たるとラッキー!

飲茶をお腹いっぱい食べて満たされてから、ようやく目が行く(?)辺りの景色。そう、ここは最初にお伝えした様に、片側がすべてガラスの窓になっていて、180度のパノラマ・ビューが楽しめるんです。あいにく現在ハーバーは埋め立て中で工事の機材が見えたりもしてますが、それでもハーバーを一望できるのはやっぱり気持ちいい。食事中は飲茶にしか目がいかないのは仕方ないとして、食事の後にはお茶を飲みつつ、ゆったりハーバー・ビューの景色も味わってみては。

【関連情報】

● City Hall Maxim's Palace(大會堂 美心皇宮)
住所:2F, City Hall, Central, HK
電話番号:2521-1303
営業時間:11:00-15:00, 17:30-23:30 (月-土)/9:00-23:30 (日祝)
(飲茶は曜日に関わらず11:00-15:00まで)

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2008/10/29)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索