page top

出発エリアをに変更しました。

海外旅行の検索・比較サイト|エイビーロード
AB-ROAD
香港・香港・ショッピングの現地ガイド記事
RSS

海外現地発ガイド通信

リニューアル・オープン!さらにパワーアップした『Shanghai Tang』のフラッグショップ


掲載日:2012/05/10 テーマ:ショッピング 行き先: 香港 / 香港

タグ: ショッピング 一度は行きたい 洋服


4階建てのモダンなShanghai Tangマンション登場

2012年4月、Duddell Streetにリフレッシュ・オープンしたShanghai Tang 2012年4月、Duddell Streetにリフレッシュ・オープンしたShanghai Tang

Shanghai Tangと言えば、洗練された上品なチャイナテイストの服や小物が人気のブランド。セントラルのペダービルディングに入っていた本店は、コロニアル様式のレトロな建物の雰囲気とマッチして、セントラルのランドマークにもなっていました。そのShanghai Tangが移転、元の場所から歩いて5分程度の場所にリフレッシュ・オープン!以前の建物とお店の雰囲気があまりにもマッチしていたため、今度の移転先はどうかな?、な〜んて勝手に心配していたんですが、さすがShanghai Tang。良い意味で見事に予想を裏切ってくれました。

レトロモダンなShanghai Tangのコンセプトを見事に体現

真っ白で斬新なShanghai Tangマンション入口 真っ白で斬新なShanghai Tangマンション入口

歴史的価値のあるレトロなペダービルディングと違い、新しいShanghai Tangマンションは新生Shanghai Tangを象徴するかのように真っ白でスタイリッシュな外観。こうしたモダンな面を前面に押し出すように見えながらも、移転先として選ばれたDuddlle Streetは100年以上も前に設置されたガス燈付きの階段がある、歴史を感じさせる場所。こうしたレトロとモダンをさり気なく織り交ぜているところが、Shanghai Tangらしいニクイ演出ですね。ちなみにこのガス燈付きの階段は、映画やドラマの撮影にもよく使われている人気の撮影スポット。こちらもぜひ立ち寄ってみては。

広々店舗で品数もより充実!

スタイリッシュなチャイナドレスもカジュアルウェアも、魅力的な品揃えのShanghai Tang。バッグやベルトもトータル・コーディネートしたいもの スタイリッシュなチャイナドレスもカジュアルウェアも、魅力的な品揃えのShanghai Tang。バッグやベルトもトータル・コーディネートしたいもの

さすが4階建てだけあって店内は広々、雰囲気はShanghai Tangらしさはそのままながら、フレッシュなイメージ。しかも上から下まですべてShanghai Tangのビルなので、店頭に出ている商品の品数も以前より豊富。以前はオマケ程度だった(?)、メンズや子供服、そしてホームウェアのスペースも広くなって見応えも十分ですよ。また、カスタムメイド・ドレスのコーナーも健在なので、生地から選んで自分だけのオリジナル・ドレスを作ることも可能です。レディースは1階と2階の2フロアに渡っているので、チェックするにも時間がかかるかも?!

5月には最上階にカフェもオープン

メンズもShanghai Tangならではの春らしいカラフルな組み合わせ メンズもShanghai Tangならではの春らしいカラフルな組み合わせ

色々な面で新鮮さを楽しめるこのShanghai Tangのフラッグショップですが、5月には最上階にカフェも登場するとのことなので、こちらもお楽しみに!せっかくのフラッグショップ・カフェ、願わくば・・・、というより「ぜひ!」、Shanghai Tangのテーブルウェアで美味しいアフタヌーンティーやちょっとした点心を楽しめるカフェにしてもらえると嬉しいなあ〜、とすでに妄想が広がっております。(笑)このカフェがオープンしたら、また記事にてご報告致させて頂きますね。

【関連情報】

Shanghai Tang Mansion
住所: 1 Duddell Street, Central, HK
営業時間:10:30〜20:00
電話番号:+852 2525 7333

 

※記事は掲載日時点での情報であり変更されている可能性もあります。ご了承下さい。(掲載日:2012/05/10)
※旅行前には必ず、外務省の海外安全ホームページで訪問地の安全情報についてご確認ください。
※この記事はガイドレポーターの取材によって提供された主観に基づくものであり、記事は取材時時点の情報です。
 提供情報の真実性、合法性、安全性などについては、ご自身の責任において事前に確認して利用してください。
エイビーマガジンについて

 

キーワードで記事検索

検索