あなたは食べたことがありますか?「パイナップルパン」

コスモポリス香港では、世界中の食べ物を口にすることができますが、旅行に来たら、やはりそこの定番モノは試してみたいものです。私はかねてから香港名物「パイナップルパン」に興味を持っていました。庶民のおやつパンの代表格といえるこのパンを食べるため、朝食時にチムサーチョイのとある茶餐廳(チャーチャンテン。「大衆食堂」の総称)へ行ってみました。

香港定番のおやつパン、「パイナップルパン」っておいしい? 香港定番のおやつパン、「パイナップルパン」っておいしい?

「パイナップルパン」の名前の由来、そして正しい?食べ方

ガイドブックなどの情報では、パイナップルパンは日本でいうところのメロンパンのようなコンセプトのパンです。メロンパンがメロン果汁もメロンのかけらも入っていないのと同じく、パイナップルパンも形がパイナップルを連想させるというだけの理由でこの名前がついているわけです。柔らかいパン生地の上にラードを使ったビスケット生地をかぶせて焼いたパンで、食べ方はいろいろ。そのままでもよし、横半分に切ってスライスしたバターをはさむもよし。手で持つのではなく、真ん中をグシャッとフォークのつぶしてロール状に丸め、フォークで刺して食べるというやり方もあるとか。

期待を込めてパクッ……でも期待はずれ……

私は通ぶって、バターをはさんでからフォークでつぶして丸めるというやり方を試してみました。しかしこれはせっかくのふわふわしたパン生地も硬く感じるし、ビスケット生地はグシャグシャと壊れてしまうし、個人的にはおいしくない食べ方だと感じました。というか、そもそもパイナップルパン自体が、取り立てておいしくありませんでした。周りを見回すと、地元のお客さんたちは皆黙々と、しかし猛烈な分量の朝食を食べています。香港人の食欲に感心するとともに、ローカル食が口に合わないこともあるものだなと思って茶餐廳を後にしたのでした。

その後、パイナップルパン名誉挽回のチャンス!

ところがそのあと、高級ホテルに泊まる機会があり、朝食会場のビュッフェで、かのパイナップルパンを見つけたのです。おいしくなかった茶餐廳のパイナップルパンとは色つやが全然ちがっていて、いかにもおいしそうです。前回は「もうパイナップルパンはいいや」と思いましたが、再チャレンジしてみました。すると、さすが高級ホテル、さくさくふわふわのうれしくなる味だったのです。それにしても、庶民派おやつの代表格をこうして高級ホテルのビュッフェに出すとは。日本のホテルの朝食会場にメロンパンが並んでいることはまずないでしょう。そこはおちゃめな香港グルメの心意気を感じました。

今や私の気に入りのB級グルメです

一口にパンといっても、味がちがうのは当たり前。ふだん生活していても、「あのパン屋はおいしい」「ここの食パンはあまり好きじゃない」という好みはあるもの。一度食べてみただけで、「パイナップルパンはおいしくない」と決めつけてしまいそうになっていたことを反省しました。そのあとおいしいパンを食べることができ、パイナップルパンを見直せたのは、いい経験でした。安くて食べ方自由自在のパイナップルパンは、あなたのお気に入りのB級グルメにも加わるかもしれません。