香港旅行でフレンチレストランへ、行きますか?

「香港旅行でフレンチレストランへ行く」というと、短期旅行者は首をかしげるかもしれません。広東料理を初めとした中華料理や、香港ならではのチャーチャンテン(B級グルメの大衆食堂)など、ご当地グルメにはことかかないからです。けれども、あえてアジアの旅先でフレンチというのも、日本国内でフレンチレストランに行くのとはちがったおもしろさがありますよ! 今回は、2015年現在、香港のフレンチレストランでは唯一のミシュラン三つ星を獲得している「ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブション」をご紹介します。

夜はひたすら暗く、キッチンだけが浮かび上がります 夜はひたすら暗く、キッチンだけが浮かび上がります

ロブション氏の三つ星レストランへ、行ってみましょう!

ジョエル・ロブション氏は、言わずと知れたフレンチ界の巨匠です。東京でも店舗展開をしていて、やはりミシュランで星を獲得しています。香港のフレンチレストランでは、「カプリス」も三つ星を維持していましたが現在は二つ星に下がったため、このラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブションが香港フレンチ唯一の三つ星となったのです。文字通り香港フレンチを牽引する立場ですね。場所はセントラルのショッピングセンター「ランドマーク」の4階。ランドマークはとても広い上に、3階にも同系列のカフェ部門「ル・サロン・ドゥ・ティー・ドゥ・ジョエル・ロブション」がありますから、まちがえないように注意してください。「ラトリエ」には専用エスカレーターで上がります。

フレンチでカウンターをしつらえた、その効果は

店内は徹底して非日常的。カウンター席とテーブル席が用意されています。高級フレンチレストランでカウンターというのはきわめて斬新ですね。これはロブション氏が、日本の寿司屋や割烹料理店のカウンターから着想したということです。世界の巨匠が日本文化をヒントにしたというのも、うれしいですね。私もディナーでカウンターに座りましたが、周りを見ていると、案外お一人様でカウンターに来る人も多いのです。ランチならまだしも、フレンチのディナーで一人というのはなかなか勇気がいるもの。カウンター席が、功を奏しているように見えました。

カウンター席ならではの観察を楽しんで!

カウンター席は赤と黒をテーマカラーにしています(テーブル席の方は黒と金)。オープンキッチンの中を見ると、コックの皆さんも黒に赤いラインの入ったコックコートを着用、そしてなんと、使っているまな板まで……真っ赤です! これには目を見張りました。そんなことまで見えるのが、カウンター席のいいところですね。もしもキッチンの正面の席に座れたら、ぜひ注目していただきたいのが、キッチンの一番奥にかけられた時計です。腕時計なのですが、その大きさたるや直径1メートル以上はありそうな巨大なもの。ブランドはたしかブランパンだと思いました。このように、店内は隅々まで抜かりなくカッコイイのです。(後編に続く)