佐敦にある超人気エビワンタン麺のお店で私を待っていたこと

「あなた、ちょっといいかしら?」と、食堂のおばさんに話かけられました。口調からして、なんだか嫌な予感。いったい、何を言われるのかしら。今、私がいるのは香港の九龍側佐敦にある超がつくほど有名なエビワンタン麺のお店です。旅行者には、香港島の中環にある本店のほうが知られていますが、佐敦に支店があるのです。本店は立派な外観ですが、佐敦店は、みるからに安食堂といった感じの本当に小さなお店です。丸テーブルの数も少ないので常にひざに荷物をおいて相席しなくちゃいけません。

そのお店のエビワンタン麺。ぷりぷりのエビがつまったワンタンは本当においしい! 中環店より支店は、安いのも魅力! そのお店のエビワンタン麺。ぷりぷりのエビがつまったワンタンは本当においしい! 中環店より支店は、安いのも魅力!

超人気エビワンタン麺屋さんのおばさんの怒り

良くない話が待っていることを覚悟しつつ、「はい、なんでしょうか?」と答えました。お店のおばさんは「あなたたち、いつも3,4人でやってくるけど、注文するのはたった1杯。みんなで写真を撮って、分けて食べてねえ」と言うのです。ひとりでやってきているので当たり前ですが、私はちゃんと1杯注文しています。「どうして私に言うのよ」と思いつつ「すみません」と謝りました。おばさんが話している状況が目に浮かぶようだったので。やっとたまっていた言葉を吐きだせる旅行者、つまり私がやってきたので言ってしまったという感じです。

そのお店の魚のつみれ団子入り麺。こちらもおすすめ そのお店の魚のつみれ団子入り麺。こちらもおすすめ

女子旅のグループが、香港や台湾でやりがちな行動

おばさんは、詳しくは言いませんでしたが、どうも女性グループ旅行について言っているようです。香港や台湾って、本当に女子旅の多い国です。麺やごはんものなどのB級グルメも充実、マンゴやざぼんを使ったデザート類は超がつくほどハイレベルだし、もちろん飲茶だって楽しみたい。一つの料理でおなかいっぱいになるよりも何種類も食べてみたい。そうなると3,4人でお店に行っても注文はたった1品しかしないって人たちが現れます。私が行ったお店は、席数が少ない超人気店です。しかも香港はとっても家賃が高い国。たった1品しか注文しないのに、いくつもの席を占拠するグループ旅に、おばさんはずっと怒り心頭だったのです。

最低消費額を決められる店と決められない店

このお店から徒歩圏のところに「美都餐室」というレトロな雰囲気のお店があります。1950年の創業当時の雰囲気を保ったお店は、映画のロケにもよく使われることで知られています。ここも女子旅に人気のお店です。グラタンなどの洋食に加え、香港風の焼きそばもありますが、カフェメニューも充実しています。美都餐室は「最低消費額」があります。前回、私が訪れた時は、コーヒーとトーストを注文して最低消費額をクリアできました。庶民的な麺のお店は、美都餐室と違って、お客の回転も速く、最低消費額なんて決められないのかもしれません。日本人のグループ旅行のみなさん!いろんな種類を食べたい、写真を撮りたいって気持ちはわかります。でも数人で行って、一人分しか注文しないのはやめて、ぜひ気を使いましょう。

カップもレトロな美都餐室! 香港に行くたびに、やってくる日本人ファンも多い カップもレトロな美都餐室! 香港に行くたびに、やってくる日本人ファンも多い