気取らない町・上環で、気取らない飲茶

友人とのふたり旅、「思い切りローカルな雰囲気の飲茶に行ってみたい」と言われたら、どこへ行くのが正解でしょう? 今回選んだのは、1926年創業の、老舗中の老舗「蓮香楼」でした。MTR上環駅から徒歩5分ほどなので、観光の合間にも立ち寄りやすい立地です。ひとりではなかなか飲茶には足が向かないので、ひとり旅の多い私も乗り気! 飲茶の点心は、ひとりよりもふたり以上で行った方が、何種類も食べられますからね。

赤と金、中華料理店の王道を行く配色 赤と金、中華料理店の王道を行く配色

ざっくばらんなサービス? 実はしっかり目が行き届いています

蓮香楼は飲茶の有名店です。けれども、こういうお店だと常連さんが大半で、旅行者には敷居が高いのでは? そんな心配は無用ですよ。なんといってもここは香港の中心部。外国人にはずっと昔から慣れっこです。店員さんは余計な愛想笑いなど当然ゼロですが、常連であろうと旅行者であろうと、分け隔てなく無愛想。そしてきっちり、座った途端にお茶セットがサーブされます。食事中も、お茶の注ぎ足し用のお湯が足りなくないか、つねに目配りしてくれているんです。

飲茶の花形「蒸し物」で一番おいしかったのは、ひき肉をゴーヤに詰めたもの 飲茶の花形「蒸し物」で一番おいしかったのは、ひき肉をゴーヤに詰めたもの

メニューに載っていなくてもビールがあります

飲茶だからお茶はつきものですが、私たちはお酒も好きなので、ビールも頼みました。ここは香港のブランドビール(元はドイツのビールでしたが現在は香港製に)「ブルーガール」が置いてあります! 甘めで飲みやすいこのビールは、蓮香楼のどっしり&しっかりした点心と相性バッチリです。飲茶もいいけどやっぱり飲ビール(?)も捨てがたいです……。香港の飲食店は、名店も多いですがお酒を置いてない店も多いので、これだけでも蓮香楼が大好きになりました。

ガツの蒸し物。にんにくが効いて、すばらしいおつまみになります ガツの蒸し物。にんにくが効いて、すばらしいおつまみになります

今では貴重な飲茶のサービス「ワゴンスタイル」

大きな円卓に相席した人たちは、点心ばかりでなく、山盛りのカレーライスや焼きそばといった一品も平らげています。皆さんすごい食欲! この店は昔ながらの「ワゴンスタイル」です(ワゴンに載せた点心を自分で取りに行く方式)。焼きそばなどは、ホールを回っているスタッフに別注しましょう。なお、17時には飲茶は終わり、そのあとは定番メニューとなります。朝6時から23時まで営業しているので、1日のうちのどんなタイミングでも楽しめますね! なお、近くにある「蓮香居」は姉妹店で、飲茶タイムは同じワゴンスタイルです。

ワゴンは次々と来るので、焦らないで大丈夫! ワゴンは次々と来るので、焦らないで大丈夫!

ワイワイガヤガヤ、一日中、人の声が絶えないレストランです

さて、相席となった目の前のおじさんたちは、時に爆笑しながら、終始おしゃべりに花を咲かせています。食事はみんなでにぎやかにとるのが中華圏の人たちのいいところ。私たちもつられてニコニコと眺めていました。ところが、常連同士と思いきや、おじさんのひとりはいきなりスマホを取り出して料理撮影タイム。食べ終わると、空のお皿もまたパチリ。「あの人、旅行者だったんだね!」旅行者も一瞬で場に溶け込めてしまう懐の深さが、香港、そして蓮香楼にはあります。やっぱり食事は楽しく、にぎやかに。テーブルがこぼれたお湯でビショビショでも気にせず、食べるのが大好きな人たちの熱気に、身を任せましょう!

ちょうど旅行者の多い時間帯に。みんなおいしそう! ちょうど旅行者の多い時間帯に。みんなおいしそう!