茶餐廳(チャーチャンテン)に入らずに香港グルメは語れない

香港に来るたび、飲食店の数の多さと種類の豊富さ、そして人々の飽くなき食欲に、心底感心します。そんな香港の人々の胃袋を満たすのが、「茶餐廳(チャーチャンテン)」。いわばファミレスのような大衆食堂です。地元の人たちだけでなく旅行者も気軽に入れて、経済的にお腹いっぱいになるのが、チャーチャンテンのいいところ。香港のいたるところにあり、早朝から深夜まで営業しています。チャーチャンテンを街角で見つけたら、もうその日に食いっぱぐれる心配はありません!

典型的モーニングセット。茹ですぎなスープマカロニも定番。「喜喜冰室」にて。 典型的モーニングセット。茹ですぎなスープマカロニも定番。「喜喜冰室」にて。

「おいしいか」と聞かれたら、微妙なんですが……

庶民と旅行者の強い味方、チャーチャンテンの料理は、有名な中華料理店や高級ホテルのダイニングなどとは対極にある味です。味に繊細さは一切ありません。味と同じく、店構えやサービスにも繊細さを求めてはいけません。実は私も、入るたびに「やっぱり、さほどおいしくはないなあ……」と思います。それなのに、なぜか惹きつけられる魅力がチャーチャンテンにはあるんですよね。

ザーサイ載せ汁ビーフンとアイスミルクティー。「大家楽」にて。 ザーサイ載せ汁ビーフンとアイスミルクティー。「大家楽」にて。

「フレンチトースト」と言われても、戸惑うばかりの「西多士」

たとえば、軽食の定番「西多士(サイトーシー)」。卵をつけて揚げた厚切り食パンにジャムやピーナッツバターなどをはさみ、バターをたっぷり載せ、さらにシロップをかけるという、超・高カロリーなおやつです。また「ジャムサンド」「バタートースト」といった、あまりにも素朴なパン料理(?)も定番です。麺料理では、「出前一丁」をはじめとするインスタントラーメンに目玉焼きやスパムミートをトッピングしたものが人気です。

香港版フレンチトースト。「蘭芳園」にて。 香港版フレンチトースト。「蘭芳園」にて。

香港式ミルクティーだけでなく、謎のドリンクメニューも続々

ドリンク類では、コーラにレモンを呆れるほどどっさりと入れた「レモンコーラ」や、インスタントコーヒーとミルクティーをミックスした「鴛鴦茶(インヨンチャー)」などがあります。チャーハンや排骨飯といったご飯ものは比較的わかりやすいというか、見た目通りのおいしい中華料理です。しかし、上記のような、香港ならではの不思議なグルメが出揃っているのがチャーチャンテンなのです。この、硬軟を併せ持った混沌とした品揃えが、きわめて香港らしいのです。

パンとポテトサラダのモーニングセット。「澳門茶餐廳」にて。 パンとポテトサラダのモーニングセット。「澳門茶餐廳」にて。

ひょっとしたら、香港でもっとも思い出深い味になるかも?!

品揃えと同じく、店内の雰囲気も、雑然としてカジュアル。もし、これを日本の自宅で食べたとしても、ちっとも気分が盛り上がらないでしょう。あの雑多な店内で食べ、飲むからこそ、おいしいんですね。超一流の美食もたっぷり楽しめる香港ですが、洗練されたレストランには出せない、別の味わいがあります。チャーチャンテンは、香港大衆文化そのもの。旅行中、きっとあなたもお世話になり、帰国後も懐かしく思い返すことでしょう。

排骨載せインスタントラーメン。「翠華餐廳」にて。 排骨載せインスタントラーメン。「翠華餐廳」にて。